「本当に欲しいもの」を知る人が持つすごみ

スティグリッツとファーガソンを支える精神

人間を見ずして経済も歴史も語れない。この当たり前のことを、二人の語りを聞いているとあらためて実感する。社会を見ながら、人間を見る。人間を見ながら、社会を見る。

この一見当たり前に見える「複眼」が今ほど大事な時代はない。そうした極めて人間臭い「肉声」を感じ取りながら、高度な理論や歴史の考察に耳を傾けることで、その分析にも血が通い始め、本質への理解の助けにもなろうというものだ。探究の背後に、人間性を感じることは楽しい。

DXの嵐、「バーチャル経済」の先にあるのは?

さて、理論家と歴史家の背後にある精神の土壌について、少し考えてみたわけだが、コロナショック後の経済は、皮肉なことにそうした「アナログ」な精神の世界を置いてけぼりに、「デジタル」に光明を見いだして疾走し続けているかに見える。

新型コロナウイルスが否応なくもたらした停滞の中、その打開策として叫ばれるオンライン化、そしてDX=デジタル・トランスフォーメーションなる概念はその象徴だ。

現在のデジタル産業化、DXブームはどこへ向かうのか? アメリカの起業家・投資家たちのリアルを追った番組、BS1スペシャル シリーズコロナ危機 「グローバル経済3 アメリカ バーチャル経済の光と影」はNHKのBS1で10月31日(土)22:00~放送予定。同シリーズ再放送「グローバル経済 複雑性への挑戦」はBS1で10月30日(金)0:50~2:29(木曜深夜)、「グローバル経済 回復力の攻防戦」はBS1で10月31日(土)0:44~2:23(金曜深夜)放送予定(写真:NHK)

業務そのもの、組織、企業文化、企業風土まで、劇的にビジネスモデルを変革する役割をデジタル技術に期待する考え方だが、既に多くの分野に押し寄せていたデジタル化の波と相まって、その意味する本質が深く理解されることなく、急場しのぎの策としてさまざまな解釈を生んでいる感もある。

デジタルは、人と人とのコミュニケーションの流儀も変える。実際、人との接触を最小限にすることが求められる状況にあって「巣ごもり」という言葉が広がる中、ゲーム産業はさらに活気づき、観光、ショッピングを始めさまざまな「体験」がネットの中でシミュレートされ、商品化が目指される。医療、教育……、さまざまな人的なつながりをコンピューターネットワークに代替することで活路を見出そうとしている。

そして、かねてからその推進に「商品」開発、新たなサービスの開発、経済の活性化の期待をかけていた人々は、代替というだけではなく、その先の夢を描く。ある意味、無意識の底にある欲望まで、ビッグデータという形で可視化し、新たなビジネスモデルを生む契機になると言うのだ。

この数十年の間、IT、AI……アメリカ発のテクノロジーが世界を席巻することで資本主義の「成長」は維持されてきた、と時代のストーリーは語るわけだが、はたして現在のデジタル産業化、DXブームはどこへ向かうのか?

そのリアルを、アメリカの起業家、投資家たちの姿に見ようとする企画が今進行中だ。

ネットを介するビジネスのアイデアを売買することに活路を見出す投資家、デジタル化を推進しつつ、それがもたらす落とし穴にも警戒心を隠さない異色のコンサルタントなど、この不透明な状況の中で彼らが展開するビジネスの形を追う。ゲーム業界はもちろんのこと、さながら、ディスプレイの中のバーチャル経済は上げ潮だ。だが、このバーチャルの海の中で私たちが溺れないという保証もない。

光あれば、影もある。ここにも複眼を持ち続ける必要がありそうだ。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT