テスラ、主力EV「モデル3」を中国から欧州に輸出

低コスト電池搭載、欧州市場での販売拡大狙う

中国製の「モデル3」は低コストの「リン酸鉄系」リチウムイオン電池を搭載している。写真はテスラの上海工場の生産ライン(同社の投資家向け広報資料より)

アメリカの電気自動車(EV)大手のテスラは10月19日、中国・上海の工場で生産した主力EVの「モデル3」を欧州に輸出すると発表した。ドイツ、フランス、イタリア、スイスなど10カ国以上に向けて月内に出荷を開始する。

テスラが上海に建設した「ギガファクトリー」は、2020年1月から中国市場向けのデリバリーを開始。現時点ではモデル3だけを生産しており、生産能力は年産15万台だ。同社のイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)は9月22日、アメリカ・カリフォルニア州で開催した株主総会で上海工場の生産能力を年産100万台に引き上げると宣言した。

自動車販売の業界団体のデータによれば、テスラは2020年1~9月に中国市場で累計8万500台を販売しており、上海工場の生産能力にはまだ余裕がある。また、同社はドイツのベルリンに2021年7月の完成を目指して新工場を建設中だが、そこではSUVの「モデルY」を生産する計画だ。したがって欧州市場向けのモデル3は当分の間、上海工場から輸出されることになるだろう。

CO2排出規制強化でEVの販売急増

欧州の自動車市場ではいま、EVの販売が急速に伸びている。EU(欧州連合)のCO2(二酸化炭素)排出規制強化を背景に、各国がEV向けの補助金を増やしているためだ。例えばドイツでは、消費者がEVを購入すると1台当たり最大6000ユーロ(約74万円)の補助金が支給される。フランスは今年、EV向け補助金の予算を総額2.6億ユーロ(約322億円)から4億ユーロ(約495億円)に引き上げた。

そんななか、中国製のモデル3はテスラが欧州で販売を拡大する切り札になるかもしれない。と言うのも、モデル3の廉価グレードである「スタンダードレンジプラス」の中国仕様は、動力源に低コストの「リン酸鉄系」リチウムイオン電池を採用。中国政府の補助金を利用した後の実質価格を10月1日から24万9900元(約393万円)に値下げしたばかりだからだ。

本記事は「財新」の提供記事です

テスラによれば、欧州市場に輸出するモデル3の仕様は中国向けと同じだという。これまで欧州で販売していたモデル3はアメリカのフリーモント工場製であり、上海工場製への切り替えとともに値下げに踏み切る可能性が高そうだ。

(財新記者:劉雨錕)
※原文の配信は10月20日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT