中国のEVスタートアップが米国で株式公開へ

「小鵬汽車」の第2位株主はアリババグループ

新興EVメーカーの小鵬汽車にはアリババグループが出資している。写真は同社のSUV「G3」(小鵬汽車のウェブサイトより)

中国の新興EV(電気自動車)メーカーの小鵬汽車が、アメリカの株式市場でIPO(新規株式公開)を計画していることが明らかになった。同社は8月7日、アメリカ証券取引委員会(SEC)にIPOの目論見書を提出。上場先はニューヨーク証券取引所を予定するが、資金調達の総額やADS(アメリカ預託株式)の売り出し数はまだ確定していない。

小鵬汽車は2014年に創業し、現在までにSUVの「G3」とセダンの「P7」の2車種を発売した。目論見書によれば、同社の2020年7月末までの累計販売台数はG3が1万8741台、P7が1966台。2018年から2020年6月末までの累計売上高は約30億9000万元(約470億円)となっている。2021年には3車種目の新車を投入する計画だ。

IPOが実現すれば、小鵬汽車はアメリカで上場した中国の3社目のEVスタートアップ企業となる。1社目の蔚来汽車は2018年9月にニューヨーク証券取引所に、2社目の理想汽車は2020年7月にナスダックにそれぞれ上場した。8月上旬時点の時価総額は蔚来汽車が約158億ドル(約1兆6700億円)、理想汽車が142億ドル(約1兆5000億円)に達している。

ネット業界の巨人がEVスタートアップを支援

蔚来汽車、理想汽車、小鵬汽車の3社に共通するのは、いずれも中国インターネット業界の“巨人”のバックアップを受けていることだ。具体的には騰訊(テンセント)が蔚来汽車に、美団点評が理想汽車に、阿里巴巴(アリババ)が小鵬汽車にそれぞれ出資している。

小鵬汽車の目論見書によれば、同社の筆頭株主は創業トップの何小鵬氏で発行済株式の31.6%を保有、何氏を含む経営陣が合計40.9%を保有している。第2位株主はアリババグループの淘宝(タオバオ)で14.4%を出資、第3位はアメリカ系投資会社のIDGキャピタルで6.2%を出資する。

本記事は「財新」の提供記事です

強力な後ろ盾があるとはいえ、EVスタートアップ3社の経営はそろって赤字だ。小鵬汽車も例外ではない。目論見書によれば2019年通期の純損失は46億4000万元(約707億円)、2020年1~6月期の純損失は20億9000万元(約318億円)に上った。

(財新記者:鄭麗純)
※原文の配信は8月8日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT