猫を飼う人の心身が癒やされている科学的根拠 あの「ゴロゴロ音」にも意外な効果があった

印刷
A
A

厳密にペットの飼育による健康効果の調査をするのであれば、無作為に集めた人たちに同時に猫や犬を飼育してもらい、その人たちの健康状態が改善されたのかや維持されているかどうかを追跡調査する必要があるからです。

もしくは次に紹介する研究のように、日常的な場面を想定し、猫を撫でている間の脳活動や撫でる前後の気分評定を行い、その効果を探る方法もあります。

動物とのふれあいを通して、人の心を癒やし、ストレスを軽減する「アニマルセラピー」をご存じでしょうか?

例えば、犬では老人ホームなどを訪問し、入居者と触れ合うことで癒やしの効果を与えるセラピー犬が存在します。

それでは、猫を撫でることで、なんらかの健康効果があるのでしょうか?

猫を撫でるだけで幸せになる!?

つい最近、東京農業大学の永澤巧さんが、「猫を撫でることの健康効果」を明らかにしました。

この研究では、日常的に猫を撫でるという行動が、人の脳の活動や気分にどのような影響を及ぼすのかを調べました。

実際に人が猫に触っているときの脳活動を調べ、その前後の気分評定を行いました。
また、触る対象による違いを比較するために、猫に触る群と、ぬいぐるみに触る群とを比較しました。

その結果、猫群でもぬいぐるみ群でも、ネガティブな気分が減少することがわかりました。
その減少は、猫群で特に顕著でした。

また、脳活動においても猫に触ったときとぬいぐるみに触ったときで差が見られました。
対象にしたのは、前頭前野の「IFG領域」という部位です。

この部位は、非言語コミュニケーションや他者との関わりにおいて重要な認知機能を担っているといわれています。猫に触ったときの方が、ぬいぐるみに触ったときよりもその部位の血流が活発になっていることがわかりました。

猫というポーカーフェイスの生き物に触ることで、「このコは何を考えているのだろうか?」という思考が行われ、この領域が活性化したのではと考察されています。

さらに、他者との絆形成に関わるといわれている「オキシトシン」というホルモンの上昇も、猫群でぬいぐるみ群よりも多く見られました。

オキシトシンは、免疫機能の向上やストレスの減少などのさまざまな健康効果があるといわれているホルモンです。

猫を撫でると、いいことばかり起こるではないですか……!

これらの結果から、猫に触ることはぬいぐるみに触るよりも、精神状態を改善させ、他者とのコミュニケーションを向上させる可能性があることが示唆されました。

次ページ「ゴロゴロ音」が人の健康に良い効果をもたらす?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT