猫を飼う人の心身が癒やされている科学的根拠

あの「ゴロゴロ音」にも意外な効果があった

猫を飼っている人は幸せ?(写真:Princess Anmitsu/PIXTA)
いまや飼育頭数で犬を抜き、ペットとしての不動の地位を築いた猫。意外にも猫を飼うメリットは、単なる癒やしにとどまらないという。猫専用ヒーリングミュージックCD付きの『猫がゴロゴロよろこぶCDブック』を著した猫の心理学者が最新の研究から解説する。

猫を飼うだけで健康になれる?

猫のかわいらしい見た目や愛らしいしぐさに、日々癒やされている飼い主さんも多いことでしょう。

市場調査会社の発表によると、世界の主要国では実に56%の人が犬や猫などなんらかのペット(伴侶動物)を飼育していることがわかりました。

ペットを飼うという文化・習慣は、私たちの社会に当たり前のように根付いています。

しかし、冷静に考えると「わざわざお金を出して、自分とは他の生き物を飼育する」という行動は不思議に思えます。金銭的な面では、デメリットしかありません。

また、広い動物界を見渡してみても、人間のように他の生き物を飼育する動物は極めて稀です。

それでは、猫の飼育にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

結論を先にお伝えすると、猫を飼うことで、健康増進につながり、猫とのふれあいに人は幸福感を感じると最新の調査・研究で明らかになっています。

猫を飼育する人は、そうでない人と比較して頭痛や花粉症などの健康的な問題が少ないことが報告されています。

また、これは猫だけでなく、ペットの飼育全般についてのメリットになりますが、動物を飼育している人としていない人を比較すると、動物を飼育している人のほうが、2年後の累積生存率が高くなっていることがわかっています。

さらに、心血管系疾患による死亡率も低いという報告もあります。

このような報告からも、ペットを飼育することで、健康が維持されることがわかります。

ただし、残念ながらこれだけでは手放しに猫の飼育による健康効果を喜ぶことができません。

なぜなら、このようなアンケート調査がベースの研究に参加できる人というのは、そもそも猫や犬を飼育できるくらい健康で元気な人であると考えられるからです。

次ページ猫は「セラピーキャット」にもなりうるのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT