新しくなった「iPhone 12」、驚きのカメラ性能

通信速度はどれほど変わったのか、実測した

iPhone 12 Pro パシフィックブルー(右)と、iPhone 12 グリーン。背面のガラスはProがマット、12は光沢とされており、カメラまわりはその逆の素材が用いられる。Proには望遠レンズとLiDARスキャナが備わる(筆者撮影)

アップルが10月23日に発売する「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」の実機レビューをお届けする。新しいデザインと、次世代通信5G、格段によい絵作りとなったカメラ性能の進化、そして新しい高速充電は、2020年のiPhoneが、スマホのトップに君臨する貫禄を見せつけている。

今回登場する6.1インチの2モデルの違いは?

2020年モデルのiPhoneは2つに分かれて登場する。第1弾は、今回レビューしたiPhone 12とiPhone 12 Pro。いずれも有機ELディスプレー6.1インチを備える兄弟モデルで、寸法から厚みまで、両モデルで共通化される。ただしiPhone 12 Proは25g重い。同じサイズでも、iPhone 12のほうが大幅に軽いのだ。

ディスプレーの性能は異なっており、iPhone 12の標準最大輝度は625ニトに対して、Proモデルは800ニト。晴れた屋外で使う場合は視認性の良さに影響してくるが、室内や夜間では差を感じることはないだろう。またHDR(高ダイナミックレンジ)のビデオを表示する場合は、いずれも1200ニトまで明るくなり、最大200万:1のコントラスト比を発揮する。

iPhone 12 Proの違いはディスプレーに加え、望遠レンズを加えた3カメラ構成となる。またAR向け空間把握に加えて、暗所でのカメラ撮影のオートフォーカスを6倍高速化するLiDARスキャナも、Proモデルのカメラシステムの優位性となる。フレームは過剰なまでに磨かれたステンレススチールとなり、よりゴージャスな雰囲気だ。

一方iPhone 12はアルミニウムが用いられ、ホワイトとブラックのほか、レッド、ブルー、グリーンも選ぶことができる。ディスプレーとカメラ性能、あるいはより柔らかな雰囲気とカラーバリエーションで、選択していくことになる。

ちなみに11月13日には、5.4インチのiPhone 12 miniと、6.7インチiPhone 12 Pro Maxが発売される。つまり今年のiPhoneは6.1インチが標準モデルという扱いになる。

次ページ久しぶりのデザイン変更
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT