新しくなった「iPhone 12」、驚きのカメラ性能

通信速度はどれほど変わったのか、実測した

iPhone 12 Pro パシフィックブルー(右)と、iPhone 12 グリーン。背面のガラスはProがマット、12は光沢とされており、カメラまわりはその逆の素材が用いられる。Proには望遠レンズとLiDARスキャナが備わる(筆者撮影)

アップルが10月23日に発売する「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」の実機レビューをお届けする。新しいデザインと、次世代通信5G、格段によい絵作りとなったカメラ性能の進化、そして新しい高速充電は、2020年のiPhoneが、スマホのトップに君臨する貫禄を見せつけている。

今回登場する6.1インチの2モデルの違いは?

2020年モデルのiPhoneは2つに分かれて登場する。第1弾は、今回レビューしたiPhone 12とiPhone 12 Pro。いずれも有機ELディスプレー6.1インチを備える兄弟モデルで、寸法から厚みまで、両モデルで共通化される。ただしiPhone 12 Proは25g重い。同じサイズでも、iPhone 12のほうが大幅に軽いのだ。

ディスプレーの性能は異なっており、iPhone 12の標準最大輝度は625ニトに対して、Proモデルは800ニト。晴れた屋外で使う場合は視認性の良さに影響してくるが、室内や夜間では差を感じることはないだろう。またHDR(高ダイナミックレンジ)のビデオを表示する場合は、いずれも1200ニトまで明るくなり、最大200万:1のコントラスト比を発揮する。

iPhone 12 Proの違いはディスプレーに加え、望遠レンズを加えた3カメラ構成となる。またAR向け空間把握に加えて、暗所でのカメラ撮影のオートフォーカスを6倍高速化するLiDARスキャナも、Proモデルのカメラシステムの優位性となる。フレームは過剰なまでに磨かれたステンレススチールとなり、よりゴージャスな雰囲気だ。

一方iPhone 12はアルミニウムが用いられ、ホワイトとブラックのほか、レッド、ブルー、グリーンも選ぶことができる。ディスプレーとカメラ性能、あるいはより柔らかな雰囲気とカラーバリエーションで、選択していくことになる。

ちなみに11月13日には、5.4インチのiPhone 12 miniと、6.7インチiPhone 12 Pro Maxが発売される。つまり今年のiPhoneは6.1インチが標準モデルという扱いになる。

次ページ久しぶりのデザイン変更
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT