友人紹介より「婚活サービス」の成婚率が高い訳

コロナ禍で結婚に対する価値観も変わっている

もう1つ、婚活サービスにおける新たな動きも見ていく。婚活サービスにおけるオンラインの可能性だ。現状、恋愛・結婚意向のある独身者の約3人に1人は「オンライン婚活であれば、コロナウイルス感染症流行中でもできる」と答えている。

また、オンラインデートに対する意識において、「費用を抑えながら婚活ができる(45.5%)」「周囲の目線を気にせず会える(35.8%)」「リアルで会うより時間が自由(35.6%)」など、新たな兆しも現れている。

阻害ポイントも徐々に解消されていく

以前は、婚活サービスの利用には「恥ずかしい」「高い」といった利用の阻害ポイントがあったが、オンラインを効果的に活用することによってそれらが解消されていく可能性が広がっていることも注目したい点だ。実際に、婚活サービスの事業者がオンラインデート機能などを取り入れて、活用もされており、今後、定着していくだろう。

このように、新型コロナウイルス感染症の拡大は、結婚観や婚活サービスの活用に変化をもたらしている。

元々、結婚意欲のある人たちにとって、新たな出会いの手法として広がってきた婚活サービスが、オンラインを効果的に使い分けながら、時代に合わせたカタチで浸透していく。もちろん、その根底には「人生を誰とどのように過ごすのか」といった本質的な視点をベースとしながらも、さらに進化した手法として、新たなステージに進んでいくのだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT