新・お昼の顔?「徹子の部屋」成功のナゼ

視聴率2冠王、テレ朝の知られざる戦略性

たとえば、5月7日(水)の放送だと次のような感じでした。

■11:59 「ワイド!スクランブル」第1部の終わりに、司会の橋本大二郎さんと大下容子アナウンサーがスタジオで「徹子の部屋」の前振り。「きょうの徹子の部屋は……」
■12:29 黒柳徹子さんが、徹子の部屋のスタジオから、上沼恵美子さんに呼びかけ。「続いては上沼恵美子さんです。どうぞよろしく」
■12:44 「ワイド!スクランブル」第2部の始まりで、「上沼恵美子おしゃべりクッキング」の料理についての感想
■18:57 「スーパーJチャンネル」の終わりに、加藤真輝子アナウンサーがスタジオから、「このあとは、ナニコレ珍百景」
■20:51 「ミラクル9」の終わりに、スタジオから、くりぃむしちゅーの2人と小澤征悦さんが「ミラクル9のあとはTEAM」
■「報道ステーション」では、前が「相棒」の場合は、それを受けるときもあります。「相棒をごらんになっていた皆さん、こんばんは……」

 

確かにこれだと番組宣伝を制作する手間もおカネも省けるうえに、出演者が自分の番組ではなく他人の番組を宣伝するというのも、視聴者にとってはインパクトがあります。さらには生放送感(生放送は収録番組より視聴率が高くなることが多い)を出すこともでき、一石三鳥です。こうした出演者による「生つなぎ」は、アメリカの放送局でも見たことがありません。

番組宣伝のほかに、工夫しているなと思うのがCMの入れどころです。

たとえば、視聴率の王様、「相棒」の終わりにCMが入ることはありません。「相棒」の視聴者を1分1秒でも逃さないようにするためです。「相棒」から「報道ステーション」へはダイレクトにつながりますし、昼間、再放送中の「相棒」から「スーパーJチャンネル」にもダイレクトにつながります。「相棒」を放送しているときの「報道ステーション」の視聴率が高めなのは、そのためです。

12時に移転した「徹子の部屋」が好調なのは、テレビ朝日が戦略を持ってテレビ番組の編成に取り組んできたことの象徴ではないかと筆者は見ています。テレビの世界は、国の文化に根差しているものなので、どの国も自国流の制作や編成がありガラパゴス化しやすいのですが、経営と同じく、戦略が必要であることを教えてくれます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT