「フェイク」と「ポピュリズム」は民主主義の本質

「事実らしく見える価値」を人々は求めている

とすれば政治的言説は、少なくとも民主政治においては、まず基本的にはすべてがフェイクというほかないのであり、政治は、たえず、その本質であるデマゴーグやポピュリズムへとなだれ込んでしまうであろう。そのことを前提にするからこそ対立者への「寛容」と自己自身への「自制」と制度化された「手続きへの信頼」が必要とされたのである。それらがかろうじて、民主政治の根本にある権力への熾烈な欲望を「むき出しではない権力闘争」へと置き換えてきたのである。

リップマンはメディア社会の到来しつつあるきわめて早い段階で、メディアの根源的なフェイク性(一応、この言い方を続けよう)を暴き出していた。しかも、大衆民主主義がアメリカ社会を急激に覆い、この新しい夜明けに向けて、人々が新たな文明の登場を予感している時代に、である。

新しい文明は多分にフェイクの様相を呈している

だが、彼の見通したメディアのはらむ根源的問題は、実は、民主主義によって輝かしい未来を生み出そうとする「アメリカ」において、まさにその民主主義に対して破壊的な意味を与えるものであった。

なぜなら、マスメディアこそが大衆を動かす装置であり、大衆の情緒や意見こそが民主政治を動かすものであるとすれば、人間の世界認識の限界は、そのまま民主主義の限界になるからである。もっと簡単にいえば、メディアの報道がいずれ何らかの意味でフェイクであるとすれば、民主政治そのものがフェイクであるほかなくなるからである。

そして、アメリカこそが「新しい文明」の建設者であるとすれば、その新しい文明の象徴は、何よりも、民主主義、マスメディア、大衆社会の三つ巴の登場であった。これらは決して切り離せるものではない。ということは、この新しい文明を代表するアメリカこそは多分にフェイクの様相を呈している、ということになるであろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT