グローバル経済から中国を分離すべき根本理由

コロナ危機後に「世界最高の知性」が訴える

強大化する中国について、警鐘を鳴らす識者が急増している(写真:NOV/PIXTA)
戦後最悪の経済危機が叫ばれるなか、戦後の繁栄や国際協調を支えてきた「リベラルな国際秩序」を続けるべきかが大きな議論となっている。
とりわけ「リベラルな国際秩序」の産物であるグローバル経済の深化や、強大化する中国について、警鐘を鳴らす識者が急増している。
「リベラルな国際秩序」を続けるべきか否か──『リベラルvs. 力の政治』に所収されている、「世界最高の知性」と称される歴史学者ニーアル・ファーガソンのインタビューをお届けする。インタビュアーは、カナダの著名な評論家であるラッドヤード・グリフィスが務めた。

リベラルな国際秩序とは何か

ラッドヤード・グリフィス(以下、グリフィス):根本的な問いから始めたいと思います。リベラルな国際秩序の定義とは何か、です。この言葉にはいくつかの見方や意味が考えられるからです。この言葉の意味を明かしてください。

『リベラルvs. 力の政治』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら
(ファーガソン氏が出演するBS1スペシャル「欲望の資本主義2020スピンオフ ニーアル・ファーガソン語る」はNHKBS1にて、5月13日(水)午後1時より再放送されます)

 

ニーアル・ファーガソン(以下、ファーガソン):この言葉を初めて聞いたとき、まるで「母性とアップルパイ」と聞いたときのようだなと思いました。誰だってリベラリズムに反対などしようもない。「国際的」についても同じです。「秩序」も望ましいことでしょう。

しかし、それらの言葉をつなげると、安直な歴史理論が出来上がります。世界がこんなにすばらしいのは、1945年からの戦後にリベラルな国際秩序が確立したからだ、というものです。

さまざまな国際機関──国際連合、欧州連合、そして世界貿易機関など──です。それがこのすばらしい愛すべきグローバル経済を作り出し、そこでは財、人、資本が自由に行き交い、世界はかつてなく平和に繁栄するようになった、と。

私はそれがナンセンスで、実際、歴史の捏造であると思っています。それはフェイクニュースよりもたちが悪いものです。

グリフィス:そのリベラルな国際秩序批判論についてうかがいましょう。なぜなら、あなたはリベラルな国際秩序の危機は、一連の脅威に加え、身から出た錆でもあると信じておられるからです。脅威は内にあり、有権者に関わっており、世界の先進資本主義民主体制の内部で起きたことに関わるものとされていますね。

ファーガソン:グローバリゼーションがなしたことを考えてみると、それは私たちのような人間、すなわち私やラッドヤード、あなたにさえ特大の恩恵をもたらしたというほかはありません。それは、世界的な財の市場統合、資本市場の統合、そして移民の恩恵を受けた1パーセントの人間にとって、実にすばらしいものでした。

私は英国からの移民です。だからわれわれがリベラルな国際秩序はすばらしいと考えても無理はない。われわれにとって現にすばらしいものだったのですから。問題は、これは過去にも見られたことですが、財や人や資本の国境を越えた移動を過度に許しても、その恩恵は平等に及ぶわけではないということです。

実際、先進国のかなりの割合の人々は、私が「ハイパー・グローバリゼーション」と呼ぶものから何の恩恵も受けていないのです。

次ページリベラルな国際秩序の受益者は上位1%の人々
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT