グローバル経済から中国を分離すべき根本理由

コロナ危機後に「世界最高の知性」が訴える

グローバリゼーションの実験は80年代から90年代にかけては実にうまくいきました。しかしわれわれは行きすぎてしまった。そしてこの移民、資本移動、貿易を巡る行きすぎは、所得配分の最底辺に属する人々には後ろ向きな結果をもたらしました。忘れないでください。

カナダでもアメリカでも大半の欧州国でも、このリベラルな国際秩序の恩恵の大半は上位20パーセントの人々の手に渡り、本当に大きな果実はトップ1パーセントの人々がつかみ取りました。

所得分布の下位に属し、大卒未満で、比較的に未熟練労働者である人にとっては、この20年間は貧しいものでした。実際、暮らし向きは1999年当時よりも悪くなっているはずです。

そしてポピュリストたちがリベラルな国際秩序を攻撃するのはなぜか、彼らはどうして「グローバリスト」という言葉を悪口にしているのかを解き明かすなら、それは多くの人々が負け犬になっているからにほかなりません。

ドナルド・トランプに限らず、世界中の公職候補がこぞってグローバリゼーションはもうたくさんだと叫び始めています。巻き戻し調整が必要です。移民を制限しなければなりません。貿易協定を再交渉しなければならないのです。

中国が最大受益者の国際秩序を続けるのか

グリフィス:いくつか反論を試みさせていただきます。第一の論は、現在の国際秩序は大いに成功している、それはそれ自体が優れているばかりか、次善と思われる秩序よりもはるかに成功したではないか、というものです。

リベラルな国際秩序の伝統的な競争相手である中国やロシアの政体を見ると、金融や人間開発、そして社会のあり方としてぞっとします。次善の代替策が魅力を欠くのに、どうしてリベラルな国際秩序をかけがえがないと考えないのでしょうか。

ファーガソン:話をうかがっていて奇妙に思いましたよ、ラッドヤード。なぜなら、私の見るところ、リベラルな国際秩序のたっての受益者は、中華人民共和国とそれを率いる中国共産党だからです。

私はもうダボスへは出かけません。ダボスで習近平によるリベラルな国際秩序の擁護論を聞きたくはないからです。中国の共産主義者の口から自由貿易や資本の自由な移動について聞かされるのは奇妙な話です。

そしてこれは、リベラルな国際秩序のどこがおかしいのかを考える糸口になります。その最大の受益者──1980年代からこの方は間違いなくそうでした──は、政治的にはおよそリベラルとは言えない一党独裁国家なのです。

この秩序の最大の受益者は、カナダでもアメリカでも欧州でもなく中国です。中国は勝ち組でしたし、それがリベラルな国際秩序というもの自体への疑問をもたらしているように思われます。主たる受益者が一党独裁国家中華人民共和国であるなら、いったいどうしてそれをリベラルな秩序と言えるのでしょう。

次ページリベラルな国際秩序など存在していない?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT