ラッドヤード・グリフィス(ラッドヤード・グリフィス) Rudyard Griffiths
ジャーナリスト

オーリア慈善財団のプレジデント。カナダの人気討論番組「ムンク・ディベーツ」の司会者を務める。2006年、『グローブ・アンド・メール』紙にカナダの「40 歳以下のトップ 40 人」に選出された。歴史、政治、国際問題などについて 13 冊の著作を持ち、その中には『グローブ・アンド・メール』の2006年ベストブックに選ばれた『我々は何者なのか:市民のマニフェスト』(未訳)などがある。妻と2人の子と共にトロントに在住。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT