おいしくなった?冷凍ラーメン超絶進化の裏側

キンレイ「お水がいらない」シリーズ人気のワケ

キンレイの場合はこうした業界全体の技術進化に加えて、自社の調理技術の進歩もあって大きく躍進したのだろう。

家庭用ラーメンといえば、インスタントラーメンという時代が長く続いた。店で食べるものと、家庭で食べるものは、別物で当たり前と思っていた人も多いだろう。とくに出汁は、手に入りにくい豚骨や鶏ガラを使って何時間も煮込む必要があるなど、家庭で店の味を再現するのは容易ではない。

主婦層の取り込みにも成功

ところが冷凍ラーメンでは近年、麺の食感や味わいはもちろん、出汁も専門店の味に近づけた商品が増えている。ネットなどでも冷凍ラーメンの味わいを評価する声は少なくなく、そもそもそうした素地がある中で、コロナによってより多くの人が冷凍ラーメンを試したことで、一段と需要が伸びているのだろう。

スーパーに置かれるようになって、主婦客の取り込みにも成功した。福田氏は「女性は1人でラーメン店に入れない方が多く、そうした方々に冷凍ラーメンが支持されています。また、小学校高学年以上になるお子さんもラーメンが好き。受験生の夜食としても人気があります」と話す。

ラーメン専門店は1990年代以降、女性を意識したデザインの店が増えた。しかし、それでもなお男性の店というイメージを持ち、1人で、あるいは子連れでは入れないと思っている女性がまだまだ多いのだ。そうした層の潜在需要を、冷凍ラーメンが掘り起こしたという側面もあるようだ。

また、コロナ禍のステイホーム期間中は、冷凍食品全体の需要も伸びている。今、冷凍食品はピザやコロッケなどの洋食、和総菜にたこ焼き、焼きおにぎり、中華など、さまざまな料理があり、野菜などの素材もバラエティ豊か。

冷凍ラーメンがそうだったように、初めて食べてみて、「これなら一から作らなくてもおいしい」「家で作ったことがなかったこの食品が気に入った」「これなら冷凍素材で十分」と思ったものがあれば、引き続き購入する人もいるだろう。コロナ禍は、冷凍食品の市場を拡大したといえる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT