崎陽軒の台湾「シウマイ弁当」にマグロがない訳

初の海外進出に秘められた試行錯誤の舞台裏

帰国したときに外食でいただく日本食は、とにかくしょっぱい。味噌汁、梅干し、各種ソースやタレ、果てはスープやカレーといった汁物でさえ、しょっぱく感じてしまう。家庭料理のレシピも、調理の最初と最後に塩で決めることが多い。総じて、日本人の塩加減はかなり強めなのだ。

検討の結果、台湾版のシウマイ弁当では、マグロの漬け焼きは採用されないことになった。

「お弁当で大事なのは、ご飯とおかずのバランスです。食べ終わりに、おかず、もしくはご飯のどちらかが残ってしまうのは、塩分バランスがうまくいっていない。ですから、どちらかが残らないように、全体を調整しました」

「ひょうちゃん」も台湾にローカライズ(写真:筆者撮影)

さらに、シウマイ弁当の日本版のシウマイは5個のところ、台湾版は3個となり、ご飯の量も台湾版は日本版より少なめにすることが決まった。

崎陽軒といえば、マスコット「ひょうちゃん」も欠かせない存在だ。瀬戸物として瀬戸で生産されている、この醤油入れ。今回は台湾オリジナルデザインのひょうちゃんが製作された。

20個入りシウマイにだけ付く、このひょうちゃん。当初、かなりの数を生産し、台湾へと送ったのだが、8月7日のオープン時から評判を呼び、月末には台湾版が品切れしてしまった。一時的に日本版を手配し、販売する事態となった。なお、今は元どおり台湾版が販売されている。

台湾版は、台北101、台湾茶器、台湾黒熊、タピオカミルクティーなど、台湾のシンボルとしてよく知られるスポットや雑貨など全7種類。マニアには必須の収集アイテムとして、また人気が出そうだ。

老舗による新たなローカライズ

台湾店舗のスタートからおよそ1カ月が過ぎた。開店当初は日本人客が7割を占めていたが、徐々に台湾人客が増え、今では台湾人客のほうが多くなっている。行列を解消すべく、スタッフも増員された。

取材中、シウマイ弁当4個を注文していた客が受け取りにきた。「いやあ、本当においしいよね」と満面の笑みで弁当の入った袋を受け取る姿を見て、なんだかこちらまでうれしくなった。

「駅弁業界は今、厳しい状態です。全盛期では駅弁を作る会社が400社ほどあったのですが、今は100社以下にまで減りました。台湾でシウマイ弁当を食べた人が、いつかまた横浜に来て食べてみよう、と思っていただけたら」と西村氏は語る。

日本でローカライズされた一品が、時を経て、また新たなローカライズを目指す——。この挑戦がどうなるのか、行方を見守りたい。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT