崎陽軒の台湾「シウマイ弁当」にマグロがない訳

初の海外進出に秘められた試行錯誤の舞台裏

台湾版の「シウマイ弁当」。日本と違うところが意外とある(写真:筆者撮影)

「座れるところを探して、食べるつもりです」

崎陽軒台北駅店の店頭で4個入り焼焼売(やきシウマイ)を買った客は、少しはにかむような笑顔でこう答えた。

ここは台湾の交通の起点となる場所、台北駅。バス、MRT(メトロ)、在来線に新幹線が通り、1日当たりの利用者数は12万人に上る巨大な交通ネットワークのハブである。

1階には大きなホールを中心に、土産物店、旅行社、飲食店が並ぶ。ホールでは、座り込んで仲間とおしゃべりする人、スマートフォンをいじる人、寝ている人など、さまざまな人の姿を見かける。

横浜の名物として知られる「崎陽軒」が海外1号店をオープンさせたのは、この台北駅1階、北門出口のすぐそばだ。左側にはドリンクスタンド、右側にはデザート店があり、お弁当を挟むにはうってつけの立地といっていい。

日本は汽車弁、台湾は駅弁

「日本で『駅弁』と言っていますけれど、台湾のほうが本当の意味で『駅弁』だなと思いました。台湾の人たちは、お弁当を買ったら電車に乗る前に駅で食べてしまいます。日本では買ってすぐに食べるわけではなく、汽車の中で食べるわけですから、むしろ『汽車弁』なんだな、と思いました」

こう話すのは、創業112年となる老舗初の海外進出プロジェクトを任された西村浩明氏だ。

ややこしいので、本稿では駅弁で通すが、この駅弁、台湾と日本では弁当の中身から食べ方までさまざまに異なる。当然ながら、日本の商品は日本の社会や文化、習慣に即して開発されている。

いったん海外へ出ると、その地の文化習慣を理解し、臨機応変に変化できるかどうかが問われる。これは人であろうと商品であろうと同じだ。

次ページ海外進出の意外なきっかけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT