共感ができない男は「息子の母」が量産する現実

「愛の不時着」ヒョンビンのように子を育てる法

人気韓国ドラマ『愛の不時着』の主人公リ・ジョンヒョクのような思いやりのある男に、自分の子どもを育てるには?(写真:Domani)  
超話題の韓国ドラマ『愛の不時着』が大ブームですよね。内容はもちろん、主人公のリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)がかっこよくて完璧すぎると沼にハマってしまう人が多数。どうすれば、あそこまですてきな男性ができるのか知りたいところ。そこで『妻のトリセツ』で著名な黒川伊保子先生にお話しを伺いました。

Netflixで配信中の人気韓国ドラマ『愛の不時着』が、ずっと話題ですよね! 主人公のリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)が正義感があって、思いやりがあって男らしくて最高すぎると、世界中の女性を虜にさせています。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

いったいどうしたら、あんなに完璧な男性が育つのか、現役子育て中のワーママは、興味を抱いているかもしれません。

そこで、ベストセラー本『夫のトリセツ』でおなじみの黒川伊保子先生に、かっこいい男の育て方について取材。

Q .どうしたら思いやりのある男に育つの?

そもそも、ママが、思いやりのある会話をしてますか?

『愛の不時着』は、パラグライディングの事故で、北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)と、北朝鮮の将校リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)の極秘ラブストーリー(写真:Domani)

「学校どう?」「宿題やったの?」「どうして、○○しないの」「だから、言ったじゃないの」「早く○○しなさい」……これらは、どれも、問題解決型の対話で、心が通わないんです。

考えてもみて。「学校どう?」「宿題やったの?」なんてことば、家に帰ってきた夫が「今日、何してた?」「めし、できてるのか?」と聞いているのとまったく同じ話法。こういうことばで息子を育てれば、将来彼が、そういう夫になるのは目に見えている。

ママが会話方式を変えないと、「思いやりのある男」は作れないのです。

人間は、とっさに使う脳の回路が大きくわけて2つ、プロセス指向共感型と、ゴール指向問題解決型があります。

プロセス指向共感型の回路は、感情をキーファクターに、過去の記憶を再体験し、深い気づきを生み出す回路。コミュニケーション・スタイルは、共感です。つまり、心通わせる会話を紡ぎ出します。

次ページゴール指向問題解決型の回路は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT