ビジネス復讐劇「梨泰院クラス」がヒット独走中

なぜここまで視聴者の心を揺さぶるのか?

物語のカギを握る役を演じ、最注目の韓国若手俳優キム・ダミ(左)とキム・ドンヒ(画像:Netflixオリジナルシリーズ『梨泰院クラス』独占配信中)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

ビジネス復讐劇を描く、韓国の『半沢直樹』?

大ヒット韓国ドラマ『愛の不時着』と人気を二分する作品として、話題を集めている韓流ドラマがあります。これまたロングランでNetflixの人気コンテンツランキング「今日の総合トップ10」入りしている『梨泰院(イテウォン)クラス』です。王道路線のサクセスストーリーに加えて、今どき感もたっぷり。そんなヒットの極意が詰まった作品から今、韓国ドラマにハマる人が続出している理由も見えてきます。

この連載の一覧はこちら

『梨泰院クラス』は韓国の人気俳優パク・ソジュンが演じる“いがぐり頭”の主人公パク・セロイがどん底からはい上がり、小さな居酒屋から飲食ビジネスの業界トップにのし上がっていく様子を15年にわたってじっくり描きます。

1話あたり1時間強、全16話で構成されるなかで、基軸となるのがパク・セロイの宿敵である大手飲食会社「チャンガ」ファミリーに対する復讐劇です。

アカデミー賞受賞映画『パラサイト 半地下の家族』にも出演していたパク・ソジュンが主演を務める(画像:Netflixオリジナルシリーズ『梨泰院クラス』独占配信中)

金と権力の亡者と化した因縁の相手との壮絶な闘いの様子はまるで韓国の『半沢直樹』とまで言われています。象徴的な「土下座」がここでも話のフックとなって進んでいくからです。

復讐することを誓って、ワケあり仲間を味方に有言実行を果たしていくなかで、愛と青春物語も入り交じり、格差社会、ダイバーシティーといったテーマも扱い、盛りだくさんに展開されていきます。やや欲張り気味でもありますが、古典と旬ものをうまい具合に調和させたヒューマンストーリーに仕上がっていることも人気の理由のひとつでしょう。

次ページロケ場所選びでも成功させている
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。