定年退職後も「現役気取りする」元部長のヤバさ

「独りよがりの正義を曲げない」男たちの迷走

ところが、パーティー当日、思いもかけないことが起きた。事前の準備のために事務局のスタッフが集合する時間に、梶さんもやってくるではないか。皆、目を丸くしていると、梶さんは去年と変わらず部長気分で指示を出し始めたのだ。

「梶さん、すみませんが、今年はやり方を少し変えています」と新部長が言っても、いちいち口を出して、自分が部長だった頃のやり方に戻そうとする。もともと迫力あるキャラクターのため、新部長はもう上司でも何でもないはずの梶さんを邪険にはできない様子だ。

坂本さんはこのままではいけないと、梶さんをたしなめるように言った。

梶さん激怒させた「坂本さんの一言」

「今回は新しい部長さんと事前に打ち合わせをして、その取り決めの中でやっていますから」

その一言で、火がついてしまった。

「なんで、いままでのとおりにやらないんだ!」と激昂して、坂本さんと新部長に詰め寄ってきたのだ。

「おまえたちではダメだ。総支配人を呼べ!」

総支配人は急に呼ばれて困惑したが、現場の収拾がつかなくなっているという説明を受けて、顔を出した。

「こんなやり方ではダメだ。前回のやり方に戻すべきなんだ!」

『ルポ 不機嫌な老人たち』(イースト・プレス)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

梶さんは、総支配人に訴える。

しかし、総支配人はパーティーがあると必ず主催者や主賓に挨拶するために顔を出すようにはしているものの、細かい内容まで把握しているわけではない。

後から聞けば、「『言っている内容がわからないからどう返事すればいいかわからなかった』というのが本音だったそうなんですが」、総支配人は何らかの答えを出さなければならないため、梶さんの勢いについつい押されて、「まあまあ、今回は例年どおりでいいんじゃないですか」と答えてしまった。

「これで、お墨付きをもらえたということで、『ほら見ろ、オレの言うことを聞け』ということになってしまったのです」

もちろん、最後の食べ残しを持ち帰ることも例年どおりになってしまったのである。

結局、坂本さんが転勤になった後も是正できないまま、梶さんが協会を辞めるまでの数年間、パーティーは梶さんに牛耳られていたそうだ。

「その後は、会社とは関係のない団体に移ったという噂を聞きました。そこではウチのホテルでは規模が合わなかったため、別のホテルを利用されているらしいのですが、たぶんいまでも、あんな調子なのではないでしょうか。あの性格は治らないと思います」

完全に仕事を辞めたあかつきには、ますます迷惑老人になりそうだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT