コロナ禍を活かせない地方が抱える「3つの闇」

巨額の金を使った地方創生で地方は変わったか

美しい熊本・上天草市の風景。地方創生で成功し、コロナ禍でも経済の回復が早い街にはどんな共通点があるのか(写真:栢 / PIXTA)

安倍晋三首相がついに辞任を表明、約7年8カ月続いた第2次安倍政権も終わりを迎えます。

そのなかで、比較的前半の時期の2014年に発表された「地方創生」は、日本社会において、地方に向けて一気に熱い目線が向けられた大きな政策でした。

地方創生を掲げても、東京にますます人が集まった

この連載の一覧はこちら

この政策での最も大きな成果は、これまで地方の「ち」の字も言わないような、財界含めた民間企業の多くが「これからは地方創生」といったような言葉を用いるようになったことでしょう。多くの民間企業が地方との連携事業を模索するようになり、ベンチャー企業も目を向けるようになりました。これが最大の成果と言えます。

しかし、人口というテーマにおいては、当初掲げられた目標は達成できず、厳しい結果になっています。

まず、実態としては2014年以降東京都圏への人口流入は減少するどころか、むしろ増加傾向となり、毎年10万人前後の転入超過を記録するようになりました。「東京1極集中の是正」という、地方創生で常々語られた政策目標は達成されませんでした。

「2020年には東京都への人口転入転出を拮抗させる」という目標も、すでに前年の2019年には見直されています。皆の注目とは相反して、実態はますます東京への集中が加速した約6年間だった、とも言えます。

もっとも、これは安倍政権のみならず、抱え続けている構造的問題を先送りし、目先の成果を求めた予算事業ばかりを実行してきた地方にも、大きな問題があります。問題の背景には3つのポイントがあります。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT