ヘッジファンドは、これからどう動くのか?

日本株のマーケットも、5月病?

中野 不思議なことに、あまり話題になりませんでしたね。

渋澤 うん、本当なら1面トップ記事になってもおかしくないと思うんですよ。

勇気がなさ過ぎる、上場企業の経営者

中野 今の日本の金利情勢は異常ですからね。消費者物価指数が1.4%の上昇なのに、長期金利は0.6%しかないのですから。物価上昇率も含めて考えれば、完全なマイナス金利です。

渋澤 金融市場の存在意義は価格調整機能にあるのですが、それが壊れてしまったということですからね。5月病なら一時的なもので済みますが、市場の機能が回復するのかどうか、非常に気になります。

中野 とにかくおカネが動かないことには、経済は回りません。先日、経済同友会主催のパネルディスカッションに参加したのですが、一緒に登壇した上場企業の経営者が怒っていました。その方が言うには、「今の日本の経営者は投資行動を取らなさすぎる。勇気がない」とのことでした。

藤野 確かに、多くの日本企業は投資不足ですね。内部留保が高水準であることからも、それはわかります。なぜ、投資しようとしないのか。理由はいろいろあると思うのですが、根本的なところを言えば、四半期決算の弊害が出ているのだと思います。四半期決算だと、どうしても経営者の目線が短期になりますからね。

どうしても長期的な投資をしなくなる。しかも、上場企業の社長って、2期4年務めたら交代というのが一般的ですから、自分が務めている時には成果が出ないような、長期的な投資をするくらいなら、何もせずに大過なく過ごせれば良いと考えている人が多い。これでは投資行動が盛り上がるはずがありません。

中野 今の製造業が使っている生産設備って、いまだに高度経済成長期のものが少なくない、っていうじゃないですか。これでは、最新の生産設備を使っている海外の製造業に太刀打ちできないし、円安が進んでも輸出にドライブをかけられず、トップラインを伸ばす勝機も逸してしまいます。

次ページ四半期決算の問題点
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。