共通テスト「数学」を攻略する6つの重要なカギ

数学の"基礎体力"をつけることが近道!

これに関しては、共通テストでも同じだと予想されます。どんな出題形式になろうとも、数学ができる人が高得点を取れるような試験であるべきで、出題形式に慣れていても数学力がない人は、得点が取れないような試験であるべきなのです。

太郎さんと花子さんの会話に沿った問題を数多く解くことは、出題形式の慣れにはつながりますが、数学力アップには非効率的です。

高得点の近道は数学力に直結する出題に重点を置く

試行調査で共通テストの方向性が見えたとはいえ、初年度入試のふたを開けてみなければわからない以上、これはリスクの大きい(たまたま高得点がとれることもあるが失敗する可能性も大きい)勉強法と言わざるをえません。初年度入試に関しては、太郎さんと花子さんの会話文形式の問題演習は、試行調査の問題と予備校の模擬試験の活用で十分だと考えます。

『大学入学共通テスト 数学II・Bの点数が面白いほどとれる本』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

では、数学力に直結するのはどれでしょう? それは、先ほど述べた出題の特徴(2)(3)(4)になると思います。

問題を解ければいいという理由で別解(自分が思いつかない解)を追求しないと数学力はつきません。2次試験等には出題されることは少ないですが、公式・定理の証明は、数学でいちばん大事である「なぜ?」「なに?」そのものです(公式・定理は使い方だけ練習すればよいわけではないのです)。また、誤答がなぜ誤答であるのかを追求することも数学力に直結します。

試行調査で見られたテーマでかつ2次力につながるこれらの項目に重点をおいて勉強することが、いちばんリスクを減らして、高得点を取る方法であると筆者は考えます。ぜひ、王道の勉強をして高得点を勝ち取ってください。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT