財政再建は時期尚早、まずは景気回復を--リチャード・カッツ

財政再建は時期尚早、まずは景気回復を--リチャード・カッツ

日本の財政赤字が急増したことにより、またしても、日本国債の危機に警鐘を鳴らす声がかまびすしくなってきた。彼らは、2010年度には新規国債発行が税収を上回るだろうとする予測や、債務の総残高がGDP比で200%に達したことについて、不安を表明している。実際に、藤井裕久前財務大臣は、財政の引き締めを主張する中で、債券市場の混乱への懸念を表明した。パニックを引き起こしかねないこのような動きもあって、昨年10月には、10年物国債の利回りが一時的に上昇した。

確かに、政府は際限なく国債を発行できるというわけではない。しかし、日本が危機に瀕していると考える理由はない。"危機"の到来を信じる投資家は、カネを失う可能性がある。景気低迷から抜け出せないうちに(一部のエコノミストは、10年には1四半期または2四半期にわたりマイナス成長が続くと懸念している)政府が財政出動を縮小すれば、二番底に陥る危険もある。景気低迷期の緊縮財政は、景気をさらに悪化させるばかりではなく、赤字をさらに深刻化させることになる。

今のところ、日本政府が国債の利払いに窮しているという兆候はない。逆に、10年の純利払い費はGDPのわずか1.3%と予測され、20年前の1.1%とほとんど変わらない(図1参照)。また、OECD諸国において過去20年間を通して一般的に見られた平均は率は2.6%だったが、この1.3%という率はその半分でしかない。

  日本銀行は今でも長期金利を低く抑える力を維持しているので、債務返済の負担は非常に軽い。過去10年間のうちのほぼ全期間を通して、10年物国債の利回りは1.2%から1.8%の間で推移した(図2参照)。今年の1月半ばには、最低値に近い1.3%だった。

図1)利払い費は20年前とほぼ同水準
-純債務残高、純利払いの推移(GDP比)-
出所)OECD  注)2009年、10年は予測値
図2)おおむね1.2%から1.8%の間を上下
-長期金利の推移-
出所)日本銀行
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。