中国EC「アリババ」4~6月の売上が3割増の背景

新型コロナの流行が消費者のECシフトを促進

アリババの年間アクティブユーザー数は7億4200万人に達した。写真は浙江省杭州市の本社オフィス(アリババのウェブサイトより)

中国の電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴集団(アリババ)の業績が好調だ。同社は8月20日、2020年4~6月期の決算報告を発表。それによれば、同四半期の売上高は前年同期比34%増の1537億元(約2兆3527億円)に達し、アナリストの事前予想を上回った。投資利益やストックオプションなどを除いた非国際会計基準ベースの純利益は、前年同期比28%増の394億7400万元(約6042億円)だった。

新型コロナウイルスの流行は、中国の消費者のECシフトを促進した。アリババはその恩恵を受け、2020年6月末までの1年間のアクティブユーザー数が7億4200万人と、3月末までの1年間に比べて1600万人増加した。また、モバイル機器向けアプリの6月の月間アクティブユーザー数は8億7400万人と、3月に比べて2800万人増加した。

アリババは中国のECプラットフォームのなかで最大のユーザー群を抱えており、見方を変えれば成長の限界に最も近いポジションにある。

「ユーザーがプラットフォーム上で過ごす時間が長ければ長いほど、消費額も増える傾向がある。ユーザーのロイヤルティーを高め、より頻繁に利用してもらうことが肝心で、そのために(アリババとユーザーの間の)インタラクティブな活動を充実させる」。アリババCEO(最高経営責任者)の張勇(ダニエル・チャン)氏は、決算説明会でそう語った。

ライブコマースの流通総額が前年比倍増

目下、ユーザーをアリババに引きつける重要な手立てになっているのがライブコマース(訳注:生中継のネット動画による実演販売)だ。決算報告によれば、「淘宝直播(タオバオ・ライブ)」を通じた商品販売の総額(流通総額)は4~6月期は前年同期の2倍以上に膨張した。

ただ、ライブコマースによる流通総額の増加は新たな需要を創出しているのか、それとも他所の既存需要を奪っているだけなのか、業界内でも意見が分かれている。この点について決算説明会で問われたアリババ執行副主席の蔡崇信(ジョセフ・ツァイ)氏は、質問に正面から答えず、「ライブコマースはECプラットフォームが加盟店に提供する経営ツールの1つという位置づけだ」と説明するにとどめた。

本記事は「財新」の提供記事です

加盟店の多くにとって、ライブコマースはどちらかと言えば(期間限定の)販促活動に近いのが実態だ。というのも、生中継を年中無休で1日24時間続けることは誰にもできないからだ。

加盟店はライブコマースを活用して販売増と顧客獲得を目指し、アリババはライブコマースがもたらす膨大なアクセスから新たな商機を生み出そうと知恵を絞っている。

(財新記者:原瑞陽)
※原文の配信は8月21日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT