「幼児でも数を理解できる」人間の脳が持つ能力

成長するにつれて小さな差を認識できるように

ほとんどの人はいちばん右の円を選ぶのではないだろうか(自分もそうだ)。ほかの円に比べてずいぶんとすき間が少ない、ということは点が多いと思うわけだ。ところが実際に数えてみるとわかるが、どの円でも黒い点の数は同じである。

数が「正しく」並んでいれば大小の判断がしやすい

人間の脳が犯す間違いはほかにもある。例えば2つの数を比較するときには、その位置関係、並び方が重要になる。数が「正しく」並んでいれば、その大小の判断がしやすい。小さい数は左側に、大きい数なら右側にある「はず」――脳はそう考える。だから、「9は5より大きいか」という問題で、9が5の右側に並んでいれば、早く答えが出せる。

要するに、脳は見たものに数をリンクさせている。脳が数量を処理するうえで、位置が持つ意味は大きい。これは9や15のようにはっきりした数(字)にかぎらず、点であっても同じだ。しかも、これは人間だけの能力ではない。「大きな数は右側」と考える傾向は、ヒヨコにも見られる。

『公式より大切な「数学」の話をしよう」(NHK出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

人間の脳には、図形の処理を専門に行う領域がある。目的地への道を見つけられるのはこのおかげだ。ヒヨコを含め、ほかの動物の脳にもこのような領域があり、簡単な図形を認識できる。これは例えば、隠したエサを探すときに役立つ。

なお、動物のナビゲーションの方法はこれだけではない。渡り鳥は正しい方角に飛ぶために太陽や星の配置を利用するし、昆虫はにおいの跡をたどって巣に戻る。このようなときに図形の認識は必ずしも必要ではないが、認識できると便利な場合もある。目指す巣が円の真ん中にあるのか、あるいは長方形の角にあるのかが把握できるからだ。

幼児やヒヨコは、長方形が何かを理解しているのだろうか。多くの実験の結果、幼児もヒヨコも角度や長さを把握するだけでなく、ものの形に関する能力があることが明らかになっている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT