ノーベル経済学賞候補が、いま考えていること 

世界的第一人者ブランシャールのマクロ経済学

マクロ経済学の世界的専門家として知られるオリヴィエ・ブランシャール。専門家の間で、例年ノーベル賞候補として名前もよく上がる彼の人となりを紹介します(写真:ロイター/アフロ)
オリヴィエ・ブランシャールは、マクロ経済学の世界的専門家として知られる。
MIT(マサチューセッツ工科大学)で教職を務め、IMF(国際通貨基金)のエコノミストに就任し、最近ではAEA(アメリカ経済学会)の会長も務めていた(2018年)。FRB(米連邦準備銀行)のアドバイザーも長年務めている。
専門家の間では例年ノーベル賞候補として名前もよく上がる、マクロ経済学において誰しもが認める世界的第一人者である。
その氏の主著が、マクロ経済学の「教科書」なのだが、2015年に大幅改訂され、その邦訳が今春に刊行された(邦題『ブランシャール マクロ経済学 第2版』)。この改訂は、単なるバージョンアップ以上に、彼にとって非常に大きな意味を持っている。彼の人となりをもよく表す、その理由を簡潔に紹介していきたい。

知的職人気質のフランス人

ブランシャールは神経科医の父と精神科医の母を両親に持つフランス人だ。幼少時は賢いものの、勉強が必ずしも好きではない子どもだったという。

『ブランシャール マクロ経済学 第2版 上・下』書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

パリ・ナンテール大学に進学したが、1968年に学生暴動が起きて大学が閉鎖され、パリの街中で激しい戦いが繰り広げられる。知的な刺激と同時に、そのイデオロギー的な争いに次第に嫌気がさしてきたブランシャールは、長い入院の際に経済学の本を読みあさり、経済学が世界をよりよく変える可能性を深く考えるようになる(Steven Pearlstein, “The smartest economist you’ve never heard of,” The Washington Post、October 3, 2015を参照)。

しかし、彼の目には、フランスの大学の経済学カリキュラムは抽象的すぎるうえに、イデオロギー的すぎるとも映っていた。修士論文を書き終えて、ブランシャールはアメリカに留学することにする。

ブランシャールはマサチューセッツ工科大学(MIT)に留学することが決まった。MITの経済学部は1960~70年代にポール・サミュエルソンを擁し、米国一の地位にのし上がった、最も勢いのある「アメリカ経済学の中心地」だった。

次ページMITはブランシャールにとって“水が合う”環境だった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT