「江戸城再建プラン」に宮内庁幹部が唸ったワケ

漫画「江戸城再建」(第3話)

江戸城再建への挑戦。堀川は宮内庁の壁をどう突破するのか──

202X年――。

『江戸城再建 (1)』 (小学館) 書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

大手デベロッパーの辣腕社員・堀川昇吾が、前代未聞のプロジェクトを提案する。

「皇居東御苑内に江戸城天守閣を再建する」

宮内庁、文化庁、法の壁に国民の感情……さまざまな課題が想定されるなか、堀川は熱意と再建の意義を武器に、日本史上最大級のプロジェクトに挑む――。

日本建築史や文化財学の権威でもある三浦正幸氏を監修に、再建までに必要な条件や工程などのリアリティーを徹底的に追求したことでも話題の、『江戸城再建』より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(31ページ)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT