「江戸城再建プラン」に宮内庁幹部が唸ったワケ

漫画「江戸城再建」(第3話)

江戸城再建への挑戦。堀川は宮内庁の壁をどう突破するのか──

202X年――。

『江戸城再建 (1)』 (小学館) 書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

大手デベロッパーの辣腕社員・堀川昇吾が、前代未聞のプロジェクトを提案する。

「皇居東御苑内に江戸城天守閣を再建する」

宮内庁、文化庁、法の壁に国民の感情……さまざまな課題が想定されるなか、堀川は熱意と再建の意義を武器に、日本史上最大級のプロジェクトに挑む――。

日本建築史や文化財学の権威でもある三浦正幸氏を監修に、再建までに必要な条件や工程などのリアリティーを徹底的に追求したことでも話題の、『江戸城再建』より抜粋してご紹介します。

宮内庁の壁

©黒川清作/小学館
次ページどうせやるなら思いっきり!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT