日経平均がここからスローにしか上がらない訳

「ひとりきりではダンスはうまく踊れない」!?

まず、足元の日米の株価の上振れが、多くの場況で解説されているように、「ワクチン開発への期待一本鎗」の「黒田節的状態」では、危ういと考えられることだ。「本当に新ワクチンの効果があるのか」「副作用は深刻ではないのか」といった点はまだ不透明だ。

もちろん優れたワクチンであるという可能性も否定はできない(大いに期待はしている)ものの、現時点でワクチンによる経済活動の全面的な再開を前提にして、黒田節のように「株は買え買え」と唱えられても、そう簡単に株価上昇シナリオの美酒に酔ってよいのかは、警戒を要する。

いったん「物色のダンス」は済んだ可能性

また、日米等の株価の物色をみると、長らく市場を牽引してきた、IT・半導体などのグロース(成長株)セクターに、時折踊り疲れが生じる展開がみられる。

こうしたセクターは、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉を無理して持ち出さなくても、元々長期成長産業であり、これにコロナ禍による「巣ごもり効果」(動画配信などの娯楽やネット通販、リモートワークの普及など)の期待が乗って、買い材料が豊富だ。だがPER(株価収益率)の高さやこれまでの株価上昇ピッチに対する高値警戒感もあって、一段と当該セクターを買い上げることに、ためらいが生じてきているのかもしれない。

これまでは、グロース株が反落すれば、バリュー株(割安株)が代わりに物色され、株式市況全般は大きくは崩れなかった。日本株では、PBR(株価純資産倍率)などで見て割安で、加えてコロナ禍で敬遠されていたような鉱業、鉄鋼、非鉄金属、空運、海運などの株価が戻る局面もみられた。こうしたバリュー株の戻りには、前述の主要国の景気持ち直しも、株価支持要因として働いたと推察される。

だが、これも前述した通り、今後の景気回復は、リベンジ消費の一巡などで、一本調子ではないかもしれない。これまでは「グロースとバリューの2本立て」の間で、リズムよく物色のダンスが回ってきた。しかし、グロースへの買いが行き詰ったタイミングで、バリュー株への物色が経済指標の一服などで抑制されれば、「物色のダンスが済んだ」という展開に、市場全体が(短期的だとは思うが)陥ってしまう、という事態が懸念される。

何か一つのセクターへの物色だけで、市場全体を引っ張り上げ続けることは、難しいと考える。やはり井上陽水氏の名曲のように「ひとりきりではダンスはうまく踊れない」のかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT