「株価は急落する」と決めつける人に欠けた視点

7月以降に「コロナ禍無視の反動」は来るのか?

アメリカでは新型コロナ感染者が増え続け、「今の株価は高すぎる」との警戒感は消えない。どう考えればいいのだろうか(写真:ZUMA Press/アフロ)

今回も結論から先に言えば、マクロ的な(全体観からの)国内株価を動かしている材料や、先行きの展望は全く変わらない。日経平均株価は、持ち合いから徐々に強含んでいくと予想しており、年末は2万4000円辺りに位置すると見込む。

経済指標の回復基調は次第に明確になっている

そうした見解の背景となる要因は、世界経済の回復と新型コロナウイルスの流行「第2波」懸念との、綱引きだ。徐々に時間が経つにつれて、景気回復の色合いが勝り、株価をじわじわと押し上げていくものと見込んでいる。

足元の株式市況を動かしている材料も、ほとんど変わらない。同様に、主要国の経済指標は徐々に回復色を強めている一方で、「今のところは」第2波の懸念も根強い。ただ、第2波が第1波をはるかに上回るほどの惨状にならない限り、経済主体(家計や企業)の行動は、第1波ほどの委縮とはならないだろう、という点は、前回のコラム「コロナ第2波到来でも株価はあまり下がらない」で解説した。

そうした2つの材料の綱引き(最終的には景気回復が勝る)に、好材料としてはワクチン開発などの期待が、悪材料としては米中関係の悪化懸念などが、いくばくか加わる、という構図が続くだろう(米中関係についても、前回述べた)。

経済指標の回復基調を確認すると、前回のコラムから今回掲載分までの2週間の間についても、アメリカでは4月を最悪期として5、6月に持ち直す経済指標が圧倒的に多い。具体的にここ2週間発表されたものだけをみても、6月のISM非製造業指数(6日(月)発表、5月の45.4から57.1に上昇)、鉱工業生産(15日(水)発表、前月比5.4%増)、小売売上高(16日(木)発表、前月比7.5%増)、住宅着工件数(17日(金)発表、前月比17.3%増)と、ことごとく強かった。

次ページ日本や中国の景気はどうか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT