「トランプ暴露本」で本当に困っている人は誰か

「ボルトンから身内の姪まで」4冊読んでみた

2019年の「G20大阪サミット」で満面の笑みを見せるトランプ大統領。数々の「暴露本」で困っているのは必ずしも「トランプ陣営」ではない(写真:AP/アフロ)

さて、どうしたものか。前回の持ち回り連載で山崎兄(山崎元氏)から「7月25日に登場予定のかんべえ先生には、『大統領は、やっぱり阿呆だった!』という米軍の最高機密を暴露した、ジョン・ボルトン氏の新著のご解説を是非期待したいところだ」とのリクエストを頂戴している。

「ボルトン暴露本」でわかったトランプ訪日の舞台裏

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

いや、確かにボルトン氏のメモワール”The Room Where It Happened”(邦題『それが起きた部屋』:9月に朝日新聞出版社から発行予定)は、発売1週間で78万部を売り上げたとのことで、世間の注目度は高い。しかし出版から1カ月以上が経過し、既に多くの書評が出てしまっている。

ただし、そんな中でも意外に触れられていないのが、昨年のドナルド・トランプ大統領訪日時の描写である。注目点をいくつか紹介してみよう。

5月末、トランプは「令和」時代初の国賓訪問として日本を訪れた。令和とは「美しい調和」を意味し、徳仁天皇が自らの在位のために選んだ元号である。公式には5月1日に始まり、その前日にその父である明仁天皇は退位したのである。(筆者訳:以下同じ)

いやいや、日本の天皇陛下はそんな権限は持ってないんですよ~。全体にオタク的な正確さで書かれている本なのだが、この手の細かな事実誤認は少なくないのである。トランプさんが国賓待遇をいかに喜んでいたか、赤坂の迎賓館はベルサイユ宮殿を模した素晴らしい建物だが、日本国内では評判が悪いらしい、といったことが描かれている。

それに続くこんなところも、笑える部分である。

6月にトランプは大阪G20サミットのために日本に戻り、28日金曜日午前8時30分に安倍首相と面談した。私の見るところ、トランプが世界のリーダーの中で最良の個人的関係を築いたのは安倍である(ゴルフ友達でもある)。ボリス・ジョンソンが英国首相になってからは、両者は「同率首位(タイ)」になったが。

トランプは、安倍の父が第2次世界大戦の神風パイロットであったと好んで語ったものだ。つまり日本人はそれくらいタフな連中であり、特に安倍はそうなのだと。ときにトランプは、安倍の父は「カミカゼ」を果たせなかったことを悔やんだが、その場合は安倍晋三(1954年生まれ)は存在しなかった、と述べることもあった。歴史上の一コマであろう。

次ページ安倍首相の父は本当に「カミカゼ・パイロット」だったのか
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。