毒舌の「ラーメンコンサル」の存在感が薄れた訳

漫画「らーめん再遊記」(第1話)

かつて一世を風靡した芹沢のその後は…?

日本のラーメン業界に一大ムーブメントを起こしてきた、芹沢達也。

『らーめん再遊記』(書影をクリックすると、小学館のサイトにジャンプします)

ラーメンコンサルタントであり、「清流企画」社長である芹沢は、憎らしいほど鋭い眼を持つカリスマとして長く、業界で大きな存在感を放ってきた。

それから数年、令和のラーメン界とフードビジネス界を静かに見つめる芹沢。その秘められた思いとは?

伝説のラーメン×ビジネス漫画 『ラーメン発見伝』『らーめん才遊記』に続く最新作『らーめん再遊記』より抜粋してご紹介します。

※芹沢についての過去記事はこちら

3時間待ちの行列店のラーメン屋!?

©久部緑郎・河合単 /小学館
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT