子供の教育費を払いながら老後資金を貯める方法

JKと考える「withコロナ時代」のお金計画

子供が大学に通えば、家計は赤字になるかも。それを乗り越えて老後の生活をしっかり考えるには? 計算式があれば、すぐに見える化できる(maroke/iStock)
JKで高2女子の大里花実は、新型コロナをきっかけに、人生についていろいろ考え始めた。すると、自分がいかに世間知らずでお金のことも知らなさすぎることに気づいた。第6回は「人生のお金のプランをどう立てるか」について。
第1回 JKだって超知りたい「大学はいくらかかるのか」
第2回 「大学費用1000万、20年返済」なら毎月いくらか
第3回 親は「子供の大学費用」をどれくらい出すべきか
第4回 教育費が足りない家庭が実行すべき3つの計画
第5回 誰でもできる「人生に絶対必要なお金」の貯め方

まずは前回までのあらすじから。高2女子の大里花実は、所属する「生活科学クラブ」の顧問であるロンドン・エマ先生からアドバイスを受け、父母が稼ぐ家の収入と支出を計算することになった。ポイントは、ひとそれぞれの老後に備え、収入と支出、貯金や借金などを見える化したうえで、今貯めるべきお金である「必要貯蓄額」を計算することだった。

「自分の老後資金」を「見える化」する方法とは?

さて、花実を含め4人家族の大里家は、父(48歳)母(45歳)とも働いているが、大学3年生の姉が大学を卒業すると、家計は500万円まで貯蓄が減ることがわかっている。花実の大学の学費はもちろん、父母の老後のことを考えると、やや不安だ。

いったい、大里家はこれからいくら貯めていかなければならないのか……。今日は、特別にエマ先生と2人だけのミーティング。Zoomを使って話をすることも多いが、久しぶりの「リアル会議」だ。

「エマ先生!? こんにちは!」

「ハイ! ハナミ、こんにちは。ご両親へのインタビューはうまくいきましたか?」

「はい、今後の平均手取り年収、現在資産額がいくらか、そして人生プランシートもたぶんバッチリです」

花実は、昨夜、エマ先生から渡された「人生プランシート」をもとに、両親の老後の希望を聞いた。「人生プランシート」というのは、家計の現状を把握するためのものだ。今後の働き方、家族構成、ライフイベントは人それぞれなので、自分の老後資金がいくら必要かを考えるベースになる。

次ページ「人生プランシート」とは?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT