28歳年収500万共働き夫婦が学ぶべき貯金法

教育・住宅・老後資金を上手に貯めるには?

20代後半で結婚。「子どもの教育費」「住宅」「老後」とおカネはかかるが、これらをまとめて考える簡単なプランがある(写真:zon/PIXTA)

最近、ファイナンシャルプランナーの私のところには、子どもがまだ小さい若い夫婦からの相談が増えています。内容はさまざま。しかし根っこには共通点が多いことに気づきます。やはり、人生の中で大きな支出となる「住宅購入」「子どもの教育費」「老後資金」をどう考えればいいのか、悩んでいます。早速、本山紗栄子さん(28歳・会社員)の相談をもとに、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

夫婦で手取り年収500万円だと、貯蓄は難しい

本山さんは、同じ28歳のご主人と共働きで、3人家族。まだ20代ということもあり、現在の家計の手取り年収は410万円ほどです。現在貯蓄額も70万円とほとんどない状態で「授かり婚」をして、現在、新生児の赤ちゃんを育てています。

この連載の一覧はコチラ

今は、毎月の家賃が5万円という安い賃貸アパートで暮らしていますが、手狭なために引越しをしたいし、できればマイホームを持ちたいと考えています。でも、現在、夫婦ともに毎月2万円ずつ奨学金の返済をしていて、家計は楽ではありません。

「もしものときのために医療保険にも入っていないし、教育費を貯めるために学資保険にも加入できないギリギリの状態です。子どもの教育費や自分たちの老後のことを考えると、今、住居費におカネを使っても大丈夫なのか不安があります」ということです。

本山さん夫婦のように、若くて収入もあまり多くはなく、加えて奨学金の返済をしているというご夫婦は少なくありません。家計の手取り収入が400万〜500万円前後となると、貯蓄もなかなか思うようにできず、将来に対する不安が大きいようです。同じような悩みを持つ方々の多くは、貯蓄額が100万円以下でした。

次ページ「貯められる人」になるには、発想の転換が必要
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT