28歳年収500万共働き夫婦が学ぶべき貯金法

教育・住宅・老後資金を上手に貯めるには?

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」(2017年・2人以上世帯調査)によりますと、金融資産が「ゼロ」世帯は、収入が300万円未満で39.1%、300万〜500万円未満で29.6%とかなりの割合です。しかし、収入が多ければ貯蓄も多いとは限りません。1200万円以上あっても9.9%の世帯は貯蓄がゼロだというのですから、深刻です。本山さんをはじめ「おカネが貯められない」と悩んでいる読者の方も、これから「貯められる家計」にしていくことができますので、一緒に対策をとっていきましょう。

「おカネに色をつける」発想は、やめたほうがよい

まず大切なことは、この連載でもお伝えしているように、「教育のために」などとゴールを考えておカネを色づけする必要はないということです。

本山さんも、「もしものときのために医療保険に、教育費を貯めるために学資保険に加入しなくてはいけない」と言いますが、これは間違いです。

そもそも「おカネの人生設計」(人生の中でどう貯蓄をしていくか)を考えるとき、「教育費のために学資保険を」「老後のために外貨建て個人年金保険を」などと不安解決のために「商品」を買うのは間違いです。目的別に「おカネを色分けする発想」をやめましょう。「商品を買うことで不安を解消しよう」とするという考え方を変えなければ、それこそ「ろくでもない商品」を買ってしまうことになります。

「住宅購入」「子どもの教育費」「老後資金」を別々に考えるのではなく、積み上げていった資産の中から、必要に応じて取り崩していきます。住宅購入時には頭金や諸費用を使い、子どもの大学の学費が必要になれば取り崩す。老後には、積み上げていった資金を引き出しながら、年金と合わせて生活費とするのです。

次ページ金融機関に人生相談して金融商品を買っていいのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT