イノベーション企業が「ゆでガエル」になる理由

ベニオフCEO「企業は社会に信頼を優先せよ」

そうなると、経営者は「いったい誰のために働くのか」ということを問い直さなければなりません。もちろん株主のためでもありますが、それでは社会に対してバリューを与えられなくなる問題が必ず起きる。金儲けのためなら何でも許されるという方向に走ってしまうと、いわゆる強欲資本主義に陥ってしまいます。

何のために成長するのか?

利益とバリューは相反する関係だとは言われますが、僕はGAFAを見ていると、いったいどこまで利益を増やせば気が済むのだろうかと思います。「何のために成長するのか」という根幹がわからなくなっているのではないか、と。

以前、堀江貴文さんと話して、なるほどな、と思ったことがあります。堀江さんは、ライブドアの社員が30人から100人ぐらいの規模の頃が、お互いに顔が見えるし、名前が一致するし、いちばん楽しかったと言っていました。実際、自然な動物としての人間にとって、いちばん適切な集団規模は150人以下と言われているのです。サル山のサルぐらいですね。

でも、じゃあなぜ当時のライブドアは、その規模を維持しなかったのか。答えは「維持できなかった」のです。会社を潰さないためには、成長し続けなければならなかった、と。確かにそうなんだろうなと思います。

次ページ成長しなければならないと思う原動力
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT