「ママ社員vs.女子社員」の熱き冷戦

格付け&笑顔で殴り合う女性たち

はれものに触るように接する男性たち

そうした状況を前に、男性たちは? というと、はれものにでも触るように接するのが常です。

ママ社員に対して「早く帰ってあげなさい!」と格好をつけた揚げ句、女子社員に「サポートしてあげて」と業務を割り振るのみ。あえて火の粉をかぶってまで、女性たちの問題に首を突っ込もうとはしないのです。

女性たちの人間関係に対しては、「触らぬ神にたたりなし」というのが、基本的なスタンス。それは中学校・高校の頃から変わることはないのです。

それでも、「下手に首を突っ込むと、ろくなことはない」と距離を置くのではなく、なんとか理解する、少なくとも共感しようと努めることこそが、(いちばん大事な相手先である「妻」をはじめとする)女性たちへの最も有効な外交手段であることもまた、真実。

まずは食わず嫌いせずに、冒頭に挙げた書籍に目を通すところから始めてみてはいかがでしょうか?

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。