「ママ社員vs.女子社員」の熱き冷戦

格付け&笑顔で殴り合う女性たち

はれものに触るように接する男性たち

そうした状況を前に、男性たちは? というと、はれものにでも触るように接するのが常です。

ママ社員に対して「早く帰ってあげなさい!」と格好をつけた揚げ句、女子社員に「サポートしてあげて」と業務を割り振るのみ。あえて火の粉をかぶってまで、女性たちの問題に首を突っ込もうとはしないのです。

女性たちの人間関係に対しては、「触らぬ神にたたりなし」というのが、基本的なスタンス。それは中学校・高校の頃から変わることはないのです。

それでも、「下手に首を突っ込むと、ろくなことはない」と距離を置くのではなく、なんとか理解する、少なくとも共感しようと努めることこそが、(いちばん大事な相手先である「妻」をはじめとする)女性たちへの最も有効な外交手段であることもまた、真実。

まずは食わず嫌いせずに、冒頭に挙げた書籍に目を通すところから始めてみてはいかがでしょうか?

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT