部下に仕事を「落とす」のはダメな上司の典型例だ

熟練度に応じた4段階指導がうまくいく秘訣

部下を変えるのではなく、状況によってリーダーシップを変化させる必要があります(写真:Blue flash/PIXTA)
研修の企画・講師を年200回、トータル2000社、累計2万人を超えるビジネスリーダーの組織づくりに関わってきた組織開発コンサルタント・高野俊一氏による連載「その仕事、誰かに任せなさい!」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

あなたは部下を下に見ている?上に見ている?

あなたは上司ですから、組織のピラミッドでは部下よりも上に位置します。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

そこで、上司は自分の部下に仕事を「落とす」という発想で仕事を任せがちです。「部下とは、上司から任された仕事をする存在」という考え方です。

しかし、この発想そのものが、「任せ下手」の原因です。

任せ上手のリーダーは、下に仕事を落としていくのではなく、「逆さピラミッド」で考えています。上司は部下の下に位置し、部下が上司の土台の上で仕事をする。つまり、「上司は、部下がよりよいパフォーマンスを発揮するために存在する」と捉えています。

ここに決定的な違いがあるのです。

「通常ピラミッド」の発想だと、仕事を任せた際に、「いかに部下が自分の期待に応えるか」がテーマになりますが、「逆さピラミッド」はまさに逆です。「自分が部下の期待に応えるにはどうしたらよいか」と考えるのです。

部下を変えようとするか、自分を変えようとするか。皆さんは、どちらの発想で部下に仕事を任せていますか?

部下によいパフォーマンスを発揮してほしいならば、仕事の任せ方も相手に合わせていく必要があります。

ここでは、自分の任せ方を変えることで、部下のパフォーマンスを上げる方法を紹介します。

次ページ部下のレベルに合わせてスタイルを変える
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。