ひろゆき「何者でもない人と成功する人の違い」

「サードドアって何だ」バナヤンと対談で激突

アレックス:確かに僕の家族は移民の一家だけど、失敗から僕が学んだのはこういうことだよ。彼らがサードドアを使わないのは、失敗が恐ろしいから。不安定さや苦しむことが怖いんだ。恐怖が大きすぎてサードドアを利用することなんて一生ない。

僕が恐怖について学んだことがあるんだ。火事になったビルがあるとしよう。そこで僕は君に、「あのビルの中には5ドル札があるんだ!」と言ったとする。君だったら取りに行くかな?

ひろゆき:たったの5ドル? 行かないなあ。

アレックス:だよね。5ドル札のために燃え盛るビルに飛び込むのは得策じゃない。

ひろゆき:うん。

アレックス:だけどもし僕が、あのビルには君が地球上でいちばん愛する人が取り残されている!って言ったら、何も言わず一目散に駆け込んでいくでしょ?

ひろゆき:そうだね。

アレックス:この話のポイントは、建物も同じ、火事も同じだけれど、たった1つの違いは、恐怖心を忘れるほど大事なものが炎に包まれたビルの中にあるかどうか、ということなんだ。

ひろゆき:うん、ホントだ。

起業のマインドセットはたまたま?「ミッション」?

アレックス:起業家あるあるだけど、成功したくて起業してみたはいいけれど、大変さと恐怖心が日に日に増えて、「もういいや。サラリーマン生活に戻ろう」となる。こうなる人は、5ドル札を追いかけているんだ。

でも、もし心から信じる大事なミッションがあれば、全身全霊で欲するものがあれば、炎が燃えさかっているとか恐いということは関係がなくなって、なんとか解決策を見つけ出せるようになる。起業をいろいろしてきて、そういった経験ってある?

ひろゆき:うーん、ないかも。

アレックス:じゃあ、どんな感じだったの?

ひろゆき:ただプログラムを学んでいろいろ試しているときに、たまたまサイトを立ち上げてみただけ。そのサイトがたまたま成功したんだ。

君は、ある種裕福な家族の出で、大学にもちゃんと行って、親族からは医者になることを期待されていた。家族が思い描く理想のキャリアを君は捨てたわけだけど、受け継がれてきたヘリテージとか富みたいなものを、そもそもなぜ諦めたの?

貧乏で何もない境遇であれば、成功を夢見みてひた走れという流れになるのもよく理解できる。でも君の場合は、持っていたものを放棄している。しかも、君の追い求める成功は、はっきりと実体のあるものではなかった。にもかかわらず、君は持っていたものを捨てた。これってぱっと見、危険なことじゃない?

次ページ失敗を繰り返してもどうして大丈夫だったか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT