「痴漢レーダー」でわかった"危ない曜日"の特徴

周囲の「第三者」こそ知って助けてほしい

痴漢を匿名で「通報」できるスマートフォン向けアプリには、さまざまなレポートが寄せられています(写真はイメージ、Graphs/PIXTA)

緊急事態宣言の解除から1カ月が過ぎた。出社再開の動きは加速し、通勤ラッシュが復活している。そこでの問題は“3密”だけに限らない。

駅に着いてドアが開いた直後に胸をつかまれました

股間をお尻にこすり付けてくる。離れようとしても近づいてくる

痴漢を匿名で「通報」できるスマートフォン向けアプリ「Radar-z(旧・痴漢レーダー)」には、駅や電車内で発生した、さまざまな被害のレポートが寄せられている。

金曜日に向かって被害が増加

1件1件、レポートの内容を日々確認していますが、ひと言で痴漢といっても多様な被害があるんです。髪を切る、なめる、においを嗅ぐ。バッグに汚物を入れられる……。数字上のデータの裏には、こうしたひどい実態があります

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

そう話すのは、このアプリの開発元・レーダーラボのウェブプロデューサー、片山玲文さん。昨年8月、痴漢や目撃情報を記録して被害があった場所がわかるサービスをスタートさせた。たちまち話題になり、2020年6月までにアプリをダウンロードした利用者は累計7万人を超えている。

利用方法は簡単。アプリをダウンロードのうえ、被害に遭ったり、被害に遭っている人を見かけたりしたら「遭った」「見た」のボタンをクリック。

すると、取得した位置情報をもとに、最寄り駅の被害件数としてカウントされる仕組みだ。周囲で被害が発生したときには、アプリから通知も来る。

実際のアプリの画面。被害を「見た」、被害に「遭った」ボタンを押して報告(画像:週刊女性PRIME)
次ページレポートからは、痴漢をめぐる傾向も
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。