ビートルズが階級社会のイギリスに残した偉業

「かっこいい音楽」を奏で規範を崩しにかかった

ビートルズが階級社会のイギリスに残した偉業とは?(写真:REX/アフロ)
解散から50年を経たビートルズの楽曲は、耳にしない日がないぐらい日常に浸透している。社会に与えた影響は、音楽の面だけでなく、文化・社会・人生など幅広いが、50年前の「ビートルズ現象」は、それまでのイギリスの階級社会を変えた面があった。「ビートルズ解散50年経ってもなお語られる魅力」(2020年7月8日配信)に続いて、『教養として学んでおきたいビートルズ』の中から、第1章の一部を抜粋して掲載する。

「階級意識」の変容

イギリスには「階級意識」が存在する。

誰もが、上流階級(貴族や大地主や聖職者など)、中流階級(医師や弁護士などの専門職に従事する人たち)、労働者階級(単純労働に従事する人たち)のいずれかに属しているという自覚があり、とりわけ上流階級の人たちは、他の階級の人たちとはペディグリー(血統)が違うと思い込んでいる。

ビートルズの4人は、いわゆる「裕福な家庭」の出ではない。リンゴ・スターは貧乏な家に生まれ、両親は離婚、くわえて小学校もろくすっぽ通えないほど病弱であった。ジョン・レノンは、両親がそれぞれ気ままな生活をしていたため、中流階級の伯母夫婦に育てられ、そのことにより精神的に満たされない少年時代を送っている。ポール・マッカートニーは満ち足りた幼少期を過ごしたが、母の死による喪失感を抱えていた。ジョージ・ハリスンの家庭もけっして裕福ではなく、彼は機械工になるべく育てられたのだった。

はっきりいえば、みな労働者階級の出身である。ポールにいわせれば、ジョンは労働者階級の出ではない(=中流階級出身)のだが、ジョンは労働者階級出身だと思い込んでいた。

イギリスにおいては、中世の封建制度のもとで確立した身分関係としての「階級」が残存するいっぽう、近代の資本主義体制のもとで醸成された職業的・経済的な「階層」も共存している。「階級」と「階層」という概念は、区別されることも混同されることもあるが、ビートルズの4人はそのどちらにおいても“上のほう”にいなかったことだけはたしかである。

次ページ1950年代になると若者たちの反発の声が
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。