免疫力を高めるためにはセルフタッチが有効だ

下着を「肌触りのよいもの」に替えてみよう

直接肌に触れるものを肌触りのよいものにしたり「セルフタッチ」することで、免疫力が高まります(写真:metamorworks/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

在宅ワークに慣れたのに、緊急事態宣言解除後、急に元の業務体制に戻れと言われ戸惑いを隠せない方も多いと思います。進んだかと思った業務のオンライン化も一気に逆戻りしてしまったとの声も聞かれます。

この連載の記事一覧はこちら

会社の方針だけでなく、生活に不安を抱える日常が終わったわけではありません。つとめて通常モードで過ごそうと心がけても、電車や人混みに対しては、少なからず不安を感じるものですし、生活リズムの変化が激しく社会的時差ボケ状態を引きずってしまい、不調が続くこともあると思います。

不安を感じると身体に力が入りやすく、筋肉も緊張しがちです。すると余計なところに力がかかり、肩こりや頭痛を誘引するほか、身体のあちこちが痛くなる原因にもなり、疲労も蓄積しやすくなります。このように身体と心は連動しています。不安は身体をこわばらせ、するとさらに心もかたくなり、不安が増大しやすくなる負のスパイラルに陥ります。リラックスもしにくく、柔軟な思考を持ちづらくなります。

ですから、意識的に心身を弛緩することが大切になります。そこで、有効なセルフタッチの方法をお伝えしたいと思います。

ふれあいで分泌される「愛情ホルモン」

肩が痛いと思わずそこに手を置いたり、お腹が痛いと無意識にお腹をさするということしませんか? 病気を処置することを手当てというように、痛みやつらさを軽減するために自らの手を使うのはとても効果的です。

オキシトシンをご存じでしょうか。愛情ホルモンとも呼ばれ、赤ちゃんと母親とのふれあいで分泌され、癒やしや安心感を生むことでも知られています。人と優しく触れ合うことで分泌されるホルモンです。

オキシトシンの有効性には、

・幸せな気持ちになる
・ストレスが緩和する
・不安や恐怖心が減少する
・心身の健康につながる
・免疫力を上げる

といったことが挙げられています。

次ページ「セルフタッチ」で心の安定を
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。