「日本のどうぶつの森」に韓国人が大熱狂する訳

コロナ下でもソウルでは長蛇の列ができた

韓国でNintendo Switch購入のために並ぶ人びと(写真:연합뉴스 Yonhapnews/YouTube)
昨年夏、韓国に吹き荒れた反日の嵐は今──。

新型コロナウイルスのパンデミックで世界中が巣ごもり生活を始めた頃、「外出したい!人と関わり合いたい!」という人々の救世主となったのが、任天堂から3月20日に発売されたゲーム『あつまれ どうぶつの森』(以下、「あつ森」)だった。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

2001年に第1作が発売されたシリーズの最新作だが、このゲームは一般的なストーリーがあるゲームとは違い、とくに決まったエンディングがあるわけでもなく、自分の所有する島での疑似ライフを楽しむものである。

友達の島にも遊びに行けるなどの機能もあり、コロナ禍で外出できなくても、ゲーム内で友人とバーチャル交流できる点も、社会現象になった爆発的人気の1つの要因だろう。発売と同時に日本はもとより、世界各国で記録的売り上げを叩き出し、売り切れが続出した。

日本製品が御法度だった韓国でも

お隣の国、韓国では昨年から日韓貿易紛争に影響を受けた日本製品不買運動が行われており、一部ネットでは「どうぶつの森も不買運動の対象商品だ。買わないように」という呼びかけも行われていた。ところが蓋を開けてみると、韓国民の購買欲はそんな声も吹き飛ばしてしまったようだ。ほかの国々同様の記録的な売り上げを出している。

具体的な数字を見てみよう。任天堂スイッチの韓国内の流通会社であるDaiwon Mediaが6月12日に発表した「企業説明会(IR)資料」によれば、2020年四半期(1〜3月)の「あつ森」の販売数は28万7590本。そしてゲーム機本体のNintendo Switchの販売量は8万2848台だった。

次ページネット通販の割引きで56万件の問い合わせ
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。