コロナ禍で急成長「独立系ネット書店」の正体

「ブックショップ」は第2のアマゾンになるか

1月に独立系ネット書店サービスを立ち上げたハンター氏。新型コロナによる外出禁止が追い風となり、売り上げが急速に伸びている(写真:Brittainy Newman/The New York Times)

1月、小さな出版社を経営するアンディ・ハンター氏が大手通販サイトの「アマゾン」を向こうに回して独立系のオンライン書店を立ち上げたとき、書店業界では懐疑的な見方が大半だった。

独立系書店のポータルを作ろうとする試みは以前にもあったが、アマゾンからシェアを削り取ることはほとんどできなかった。大手書店チェーンの「バーンズ・アンド・ノーブル」ですら、アマゾン相手に苦戦を強いられている。

ハンター氏は、まだ開拓の余地があると考えていた。アマゾンから売り上げをほんの少しでも奪い取ることができれば、独立系書店にとっては相当な金額になる。自身が立ち上げた「Bookshop(ブックショップ)」の年間売上高は2年以内に3000万ドル(約32億円)に達する可能性があるとハンター氏は投資家に説明したが、あまりに楽観的な予想にあぜんとする投資家も少なくなかった。

パンデミックという予想外の追い風

そして3月、新型コロナウイルスの感染が拡大し、アメリカ中の書店は休業を余儀なくされる。オンラインや電話での注文を処理するのに自分の店に入ることすらできなくなった書店主が大量に生まれ、その多くがこの新しいサイトに参加した。

ブックショップの売上高は今年、4000万ドルを突破する見通しだ。ハンター氏が2022年までに達成したいと考えていた金額を大幅に上回る。5月にはおよそ450万ドル、6月には最初の2週間で700万ドル以上もの本を売り上げた。参加書店数は750を超え、ブックショップはこれらに360万ドルを超す収益をもたらした。今年後半にはイギリスに進出する準備を進めており、書籍卸大手のガードナーズ・ブックスと提携する予定になっている。

「うまくいくのかどうか、懐疑的な意見は多かった」と、首都ワシントンで書店「ポリティックス・アンド・プローズ」を共同経営するブラッドリー・グラハム氏は話す。「ブックショップは確かに予想以上にうまくいっている。パンデミックが起こるなんて、誰も予想していなかったから」。

次ページ第2のアマゾンと警戒する書店も
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。