元の生活が不安「子どもの休みグセ」への考え方 フリースクール運営の視点から

拡大
縮小

次に「習慣化」についてです。なんの抵抗感もなく、当たり前のように好き勝手(に見えるよう)な生活を送っているかどうか、ということです。

私たちのフリースクールがある函館圏内では、地域に感染者が出たことで早めに休校措置が取られました。

最初は、学校が休みになって喜んでいた子どもたちも、次々に学校行事が中止になったあたりから不安感が増したように見えました。

試行錯誤の結果

それでも、なんとか家庭で不安解消に努めたり、楽しいことを模索したりして、試行錯誤を重ねたようです。そこにはたいへんな労力があったと思います。

だから、相談にあるような子どものようすは、ようやく少し見えてきた自分なりの「新しい生活スタイル」なのです。

そんな中で、学校が始まるから元の生活に戻るよ、と言われても簡単に割り切れるものではありません。

子どもにとって、それは元に戻ることではなく、また新しくつくり変えなければならないことだからです。

これらを踏まえると、登校再開がプレッシャーになっている子は少なくないと思います。さらに、子どもが学校へ行きにくいのと同様に、学校もまた疲れているのです。

庄司証(しょうじ・あかし)/1980年生まれ。「函館圏フリースクールすまいる」代表。

ある先生が「子どもはもちろんですが、先生方も疲弊しています」と話していたことがとても印象的でした。

私は、学校自体にも動揺がある中で、子どもに圧力がかかってしまわないかを危惧しています。

社会を見ると、収束に向けて、これまでのものを一気に取り戻すような動きがみられます。経済的な面からは理解できることもありますが、子どもの育ち方もそれに合わせていいのでしょうか。

また、教育の複線化や多様な学びも注目を集めているようですが、子どもたちの様子を見ると、まずは、すべての子が安心して学べるような環境をつくることが大事だと思うのです。

【プロフィール】
庄司証(しょうじ・あかし)1980年生まれ。「函館圏フリースクールすまいる」代表。不登校・高認・進学支援に取り組んでいる。

不登校の関連記事
「不登校はお母さんのせいだ」という子どもの言葉の裏側にある背景
不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ
「学校と向き合うことは親も戦いだ」と私が実感した日

不登校新聞

日本で唯一の不登校専門紙です。不登校新聞の特徴は、不登校・ひきこもり本人の声が充実していることです。これまで1000人以上の、不登校・ひきこもりの当事者・経験者が登場しました。

また、不登校、いじめ、ひきこもりに関するニュース、学校外の居場所情報、相談先となる親の会情報、識者・文化人のインタビューなども掲載されています。紙面はすべて「親はどう支えればいいの?」という疑問点から出発していると言えます。

公式HP 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT