元の生活が不安「子どもの休みグセ」への考え方

フリースクール運営の視点から

コロナ禍による休校期間中に、「子どもに休みグセがついて、きちんと学校生活に戻れるか心配……」というご相談にお答えします(写真:Ushico/PIXTA)

今回は、コロナ禍による長期間の休校措置で「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配だ」というご相談にお答えしたいと思います。

学校が休みの間、子どもは、自分が嫌いな勉強にはほとんど手をつけず、ゲームやネットなど好きなときに好きなことばかりしている。

親としては、きちんと学校生活に戻れるのだろうか、という心配があるのだと思います。

学校を休んでも、実際は休息を取れていないケースも

そもそも「休みグセ」をどのように捉えたらいいのでしょうか。一般的には、休むということが習慣化してしまっている状態を表した言葉ではないかと思います。

ポイントは、「休み」と「習慣化」です。

当記事は不登校新聞の提供記事です

まず、「休み」について考えてみます。不登校の子に対しても、学校を休みさえすれば「休息が取れている」と思われています。

しかし、実際は休息を取れていないケースが少なくありません。むしろ、子どもは大きなストレスを抱え、つらくなっている場合もあります。

今回のケースも、子どもにとっては自ら望んだ形での休校ではなく、いろいろな行動が制限された中でした。

それを考えると、心も体も休めた子はどれほどいたでしょうか。自由に外出もできないままに、家庭が「頑張る場」になってしまうと、子どもにとって逃げ場がなくなってしまいます。

もし、登校をしぶったとしたら、それはこの異常な状況を、子どもなりに頑張った結果として、「休み」を必要としているのかもしれません。

次ページ「習慣化」とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT