突飛なうそにだまされる人と見抜く人の決定的な差

弁護士が指南「真実は多数決では決まらない」

「もちろん、この基準に当たればウソ、当たらなければ本当、ということではありません。あくまでも目安ですが、参考にはなると思います」

深澤さんの専門分野の1つがインターネット上のトラブルだ。インターネット上のトラブルはどんどん増えているし、扱っている弁護士は多い。

先日テレビ番組『テラスハウス』に出演していた女性が自殺し、大きな社会問題になった。自殺にはSNS上での誹謗中傷が原因の1つではないか?と言われている。

そんなネット上の、誹謗中傷や、プライバシー侵害も深澤さんは取り扱っている。

「まず誹謗中傷を書かれた側に立ち、書いた人間を探したり、投稿を消したりする仕事をしています。

逆に、誹謗中傷を書いた人を弁護する場合もたくさんあります」

誹謗中傷を書いた側は心に、

「いつ訴えられるかわからない」

という不安を抱えることになる。

インターネットの法律情報はウソ、デマが多い

不安を解消するために、インターネットで情報を検索する人が多い。インターネット上にはたくさんの法律情報が載っているため、情報を得るのはたやすい。

「ただ、インターネットの法律情報は非常にウソ、デマが多いです。そのウソを信じ込んで依頼に来る人も多く、誤解を解くのに一苦労な場合もあります」

インターネットに誹謗中傷を書いた人は、インターネット上に書き込みをすることに抵抗がない人が多い。ネット上のあらゆる場所に書き込み情報交換をする。そうしてたくさんの情報を集める。

「そうして彼らは“自分に都合のいい情報”だけを集めてしまうんですね。自分にとって都合の悪い情報は、『デマだ』と切り捨ててしまう。都合の良いウソはネット上で交換されていき、エスカレートしていきます。

弁護士がQ&A形式で質問に答えるサイトもたくさんありますが、それもあてになりません。たとえ弁護士がウソをついていなくても、Qがそもそも間違っている場合はたくさんあります。

ウソを信じ込んで弁護士をつけずに裁判をしたら、確実に大負けします」

相談する前に思い込みで行動してしまったせいで、さらに事態が悪くなることも多いという。

ネットやテレビで“振り込め詐欺の手口”などを特集していることがあるが、それらを見てわかった気になるのも危ないという。

次ページウソにだまされる人は心に不安を覚えている
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。