突飛なうそにだまされる人と見抜く人の決定的な差

弁護士が指南「真実は多数決では決まらない」

自分に都合のいい情報ばかりを集めてしまってはいけない(写真:SIphotography/iStock)

世の中にはウソがあふれている。

「オレオレ詐欺(振り込め詐欺)」が世に出始めたのは20年ほど前だが、現在も形を変えて世の中にはびこっている。

「架空請求詐欺」

「金融商品等取引名目詐欺」

「異性との交際あっせん名目詐欺」

「ギャンブル必勝法情報提供名目詐欺」

などなど、さまざまな詐欺が横行しているのが現実だ。中には、

「こんなあからさま手でだまされる人って、本当にいるの?」

と思うものもあるが、現に引っかかる人は後を絶たない。

新型コロナ禍以降は、世の中のウソに拍車がかかっている感もある。

「タンポポ茶を飲めば新型コロナの予防になる」

と言った医療詐欺の案件もあるし

「トイレットペーパーの供給が途絶える」

「蚊に刺されてコロナに感染する」

「身体に消毒薬を直接注射すればウイルスを殺すことができる」

など吹聴している本人たちもウソを言っている自覚がないデマも蔓延している。

また近頃では「現金10万円一律給付」に便乗した詐欺もはびこっている。

世の中にあふれる「ウソ」の見抜き方

私たちは生きていく中で、このようなウソを見抜いていかなければいけない。

だが「ウソの見破り方」を教えてもらえる機会はあまり多くない。

今回は『弁護士が教えるウソを見抜く方法』(宝島社)の著作もある、弁護士の深澤諭史さんに、ウソの見抜き方を教わった。

次ページ大学では学べなかった「ウソの見抜き方」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT