介護現場を襲う「マスク」「人材」不足の二重苦

ヘルパーは感染リスクとも常に隣り合わせ

結城教授の調査では、担当している利用者の中に、新型コロナに感染した人がいるか質問したところ、約2%にあたる9人が「いる」と答えた。

利用者の手を拭くときも使い捨ての手袋を着用=加守田さん提供(写真:AERA dot.)

ニアミスと呼べるケースについて話してくれたのが、埼玉県新座市で居宅系介護サービスを運営するNPO法人「暮らしネット・えん」の代表理事の小島美里さんだ。近くのデイサービスで感染者が出たが、そのデイサービスを利用していた1人の利用者が、えんの訪問介護サービスも受けていたことがわかったのだ。

小島さんは当時のことをこう振り返る。

「保健所から、その利用者さんは濃厚接触者にはあたらないと言われるまでは、ヘルパーを統括するサービス責任者が予防衣とサージカルマスク、フェースシールドなどの装備で訪問しました」

ヘルパーは最初の研修で感染症の基本を学ぶ。だから、インフルエンザやノロウイルスなど従来の感染症については、ある程度、知識を持って対策にあたることができる。

だが、新型コロナは未知のウイルス。対応策は万全ではなく、ヘルパーも不安な状態で利用者宅を訪れなければならない。

人材不足が加速するのでは

何より、訪問介護のヘルパーは、現場の関係者が自虐的に“老老介護”というほど高齢化が進んでいる。60代が主力で、現役で働く70代、80代のヘルパーも少なくない。

また短時間から働けて、子育てと両立ができることから、ママヘルパーもいる。

高齢者ヘルパーは自身への感染が不安であり、ママヘルパーは子どもの幼稚園や保育園、学校が休園・休校となるため、いずれも仕事を休むことになる。

小島さんは、新型コロナがきっかけで、ヘルパーの人材不足が加速しないか心配する。

「もともとヘルパーの有効求人倍率は13倍で、募集してもまったく集まらない状況です。そういうなか、今回の新型コロナの影響でさらに働き手が減ってしまうようなら、閉鎖する事業所も出てくるのではないでしょうか」(小島さん)

次ページ困窮する介護現場に必要なのは何か
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT