介護現場を襲う「マスク」「人材」不足の二重苦

ヘルパーは感染リスクとも常に隣り合わせ

困窮する介護現場に必要なのは何か。

5月27日、政府は新型コロナに対する今年度の第2次補正予算案を閣議決定した。その中には、事業者への融資や介護職員に対する慰労金の支給も盛り込まれた。

居宅系介護サービス(デイサービスなどの通所系と、訪問介護の訪問系がある)に詳しい東洋大学ライフデザイン学部の高野龍昭准教授は、

「これについては評価できますが、新型コロナの影響は長期化が見込まれます。一時的な支援に終わるなら不十分です。介護事業所への抜本的な経営支援策は盛り込まれてはおらず、このままでは地域の高齢者を支える通所系、訪問系の事業所は消えていきます」

と危惧する。

ご家族の健康のためにできること

現在、国内の感染は、東京都や北九州市でややぶり返しているものの、小康状態ともいえる。

(図表:AERA dot.)

「この間に、支援に加え、“withコロナ”の中で、どんな介護ができるのかを考える必要があります。例えば、介護職員向けの研修会などを開いて、新型コロナに対する正しい知識を身に付ける場を提供するなど、第2波、3波が来る前に何かしなければいけません」

と話すのは結城教授。そのうえで、現在、通所系や在宅での介護サービスを受けている利用者やその家族にこう訴える。

「利用者の心身の機能低下を防ぐためにも、サービスの利用は控えないで。新型コロナの影響で、今は多くの事業所が新規の利用者を入れてくれません。このタイミングで関係を断ってしまうと、ご家族の健康状態が深刻になったときに、介護を受けることができなくなってしまいます」

(本誌・山内リカ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT