「Zoom」対抗馬が続々、ビデオ会議大競争の行方

グーグル、アマゾンが仕掛ける強力包囲網

ズームに待ったをかけるのは、グーグルだけではない。6月4日、アマゾン・ドット・コムと、ビジネスチャット大手のスラック・テクノロジーズがビデオ会議サービスなどの領域で提携すると発表した。

スラックは従来、ビジネスチャットでつながる人同士のビデオ通話機能を独自開発してきたが、今後はアマゾンのクラウド子会社であるアマゾン ウェブ サービス(AWS)のビデオ会議サービス「Amazon Chime(アマゾンチャイム)」を技術の基盤に採用し、その分の開発人材をほかの分野に充てる方針だ。

スラックとアマゾンの狙いが一致

スラックは大半のビデオ会議サービスと連携しているため、チャットの画面上で簡単なコマンドを入力するだけでズームなどのビデオ会議を始められる。だが足元の需要を鑑みて、スラック自身の機能としても拡充に踏み切った形だ。

スラックでは部署内や組織内などでちょっとした会話が必要な際に、ビデオ会議機能が使われている(画像:Slack)

一方、アマゾンチャイムはビデオ会議市場での存在感が低く、アマゾンは全世界1250万人以上のユーザーを抱えるスラックに基盤を提供することで成長を狙う。

ズームの急成長がアメリカのテックジャイアントたちの背中を押した。グーグル、アマゾン・スラック連合、そして全世界に7500万人以上のデイリーアクティブユーザーを抱えるビデオ会議・チャットサービス「Teams(チームズ)」を擁するマイクロソフトも黙ってはいない。

わずか数カ月で一躍世界の注目市場となったビデオ会議サービス。大競争時代はまだ始まったばかりだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT